【実績多数】AIジョブカレ(PRO)の就職先と年収の徹底調査

AI Job Colle

AIジョブカレに通ったあと就職を考えているだけ、どのような就職先で年収はどれくらいになるんだろう。

こういった疑問にお答えします。

本記事では以下の内容を取り上げてます。

  • AIジョブカレの就職先や年収の調査結果
  • AIジョブカレはおすすめできるか
  • AI人材の就職環境

3分ほどで読み終わりますので是非最後までご覧ください。

 

↓ 無料カウンセリングに参加したい方はこちら

AIジョブカレ
無料カウンセリングはこちら
※無料カウンセリングはいつ終わるかわかりません。
※興味ある方はお早めに申し込むことをおススメします。

 

※当ブログは2021年7月の情報を元に記載しております。最新の情報は公式ページでご確認または無料相談でお問い合わせください。

スポンサーリンク

AIジョブカレの就職先と年収

「AIジョブカレ」はAIが学べるプログラミングスクールです。

AI人材の就職環境は非常に良い状態が続いています。なのでAIジョブカレでスキルを身に付けることで好待遇の企業への転職が望めます。

AIジョブカレの特徴や評判・口コミなどは以下の記事で詳しくまとめてますので、まだよくわかっていない方はこちらも参照ください。

 

 

転職目的で35歳以下かつプログラミング経験1年以上の方はAIジョブカレPROの受講資格があります。AIジョブカレPROは完全無料で受講可能であり転職保障もついているのでおすすめです ➡ AIジョブカレPROを確認する

 

 

AIジョブカレの就職先

AIジョブカレの卒業後はあなたにぴったりの求人を紹介してくれます。

下記は紹介先の一部になります。

以下のようにAIやデータ分析計の仕事ができる企業が多く存在しますね。

  • ABEJA
  • Albert
  • GRID
  • irep
  • パーソナルキャリア
  • APAMAN

転職したい方にも非常におすすめです。

 

AIジョブカレの就職先の年収

では実際にどのくらいの収入なのか調査しました。

企業初年度年収
ABEJA500万円~700万円
Albert400万円~600万円
GRID400万円~600万円
irep500万円〜850万円
パーソナルキャリア473万円~560万円

入社時点で年収600万以上を見込める企業ばかりですね。また今後の昇給次第では1000万円も目指せると思います。

年収情報は2021年7月時点のdodaより引用しております。dodaは3万件以上の豊富なIT系求人を確認できますので、会員登録しておくことをおすすめします。

  

↓ 無料カウンセリングに参加したい方はこちら

AIジョブカレ
無料カウンセリングはこちら
※無料カウンセリングはいつ終わるかわかりません。
※興味ある方はお早めに申し込むことをおススメします。

 

 

AIジョブカレのおすすめポイント

AIジョブカレのおすすめな点としてキャリアサポートが充実している点が挙げられます。

 

経験豊富なキャリアカウンセラー

実績豊富なコンサルタントが二人三脚であなたのキャリアをサポートします。
一部AIジョブカレのキャリアカウンセラーをご紹介します。

草薙 亜后

大学院理工学研究科卒。 分析系エンジニアとしてエッジテクノロジー入社。その後エンジニアとしてのキャリアを活かし多岐にわたる業界・企業の技術職新卒採用支援に携わる。AIジョブカレ事業部に移動後は中途採用支援のキャリアコンサルタントとして活動中。

転職支援実例

・29歳男性 システムエンジニアから画像認識に専念できるAIエンジニアへ転職
・30歳男性 社内SEからデータアナリストを目指し、データエンジニアとして転職

本人コメント

転職者個人の希望と志向性を重視し、将来希望に沿ったキャリアアップができるようにサポートをさせていただいております。
自身がもともと理系エンジニアだったので、他社のキャリアカウンセラーにはないほどに、受講生に寄り添える支援ができることを強みとしています。

平松 雅矢

学生時代はSASを用いた企業の財務分析・行動分析に明け暮れる。中小企業への採用コンサルティングを経て、エッジテクノロジーへ入社。AIジョブカレ事業部に配属となり、受講生の転職を支援するキャリアコンサルタントとして従事中。
過去最高の転職成功記録を樹立し、若手MVPに選出。

転職支援実例

・27歳 男性 文系出身で非エンジニアという経歴から、AI自社開発の企業様にAIエンジニア候補として転職
・39歳 男性 文系出身でエンジニアという経歴から、AI受託分析系の企業様にAIエンジニアとして転職

本人コメント

どんなに些細な悩みでも気軽に相談できる存在でいることを心掛けており、カウンセリング中に時間を忘れて話を聞き入ってしまうほどの傾聴力が強みだと感じています。
転職希望者が望まれているキャリアを実現できるよう寄り添ってまいります

 

受講生の声・評判

では実際に転職に成功した方を紹介します。

仮想通貨取引所Liquid by Quoineを運営するQUOINEに転職

仮想通貨取引所Liquid by Quoineを運営するQUOINE(コイン)株式会社にてData Scientistに転職成功しております。

AIジョブカレを通ったきっかけや転職について詳しくインタビューされてますので、悩んでる方は是非ご参照ください。

詳しいインタビュー記事はこちら

 

Hmcomm株式会社で音声に関するAI・機械学習関連の仕事に転職

大学時代は機械科で材料力学を学び、今はHmcomm株式会社で音声に関するAI・機械学習関連の仕事を行っています。

AIジョブカレを通ったきっかけや転職について詳しくインタビューされてますので、悩んでる方は是非ご参照ください。

詳しいインタビュー記事はこちら

 

AI人材の就職環境

AIジョブカレでは就職先として非常に待遇の良い企業が多いことがわかりました。

その要因としてAI人材が就職しやすい環境であるといった点が挙げられます。本章ではAI人材の取り巻く環境について説明したいと思います。

 

全職種中1番人材が不足している分野のため、企業の選択肢が多い

こちらはAI人材の需給ギャップを予測したグラフになってます。

引用元:https://www.meti.go.jp/policy/it_policy/jinzai/houkokusyo.pdf

2030年にAI・ビッグデータ関連全体の先端IT人材は最大79万人不足するといわれております。

また、現在でも求人倍率は8.67倍と全職種中最も人材が不足している分野です。

AI民主化の流れはありますが、少子高齢化も相まって、今後も需要と求人は増え続けると予測されています。

引用1 :経産省AI人材動向調査
引用2 :求人倍率レポート

 

​AI人材需要が多いので、実務経験を重ねることで年収UP

人工知能でよく使われる言語Pythonの言語別年収

  • 20代:403万円
  • 30代:546万円
  • 40代:624万円

とされてます。

そして機械学習、深層学習の知見を増やしデータサイエンティストとして実績を積めば1,000万以上の収入も見込めます。

​特に最近では、人材獲得競争が激しく、新卒で年収1,000万を提示する企業がでてくるなど、年収が上がり続けています。

引用1 :言語別の年収調査参照
引用2 :データサイエンティストの年収相場参照

 

米国のAIスペシャリストは年収3,000万以上も珍しくない

アメリカの話にはなりますが、典型的なAIスペシャリストは年間30万~50万ドルを得ることが可能と言われています。

世界的な機械学習カンファレンスNIPSでもAI人材獲得のため、年収3000万以上でのオファーが飛び交っていたとされており、世界中で人材不足、年収高騰の現象がおきています。

引用:米ニューヨークタイムズ

 

↓ 無料カウンセリングに参加したい方はこちら

AIジョブカレ
無料カウンセリングはこちら
※無料カウンセリングはいつ終わるかわかりません。
※興味ある方はお早めに申し込むことをおススメします。

 

AIジョブカレ(PRO)の就職先と年収の徹底調査のまとめ

今回はAIジョブカレの就職先と年収について解説しましたがいかがでしたでしょうか。

AIのスキルを使った転職を試みたい人にとっては最適なスクールといえます。

現在もAIジョブカレに通うか迷っている方

悩んでいても何も変わりません。生涯のスキルを手に入れて現状を変えましょう。

まずは無料カウンセリングに参加して話を聞いてみましょう。無料なので損することはありません。

プログラミングスクールは値上げが相次いでいるため、お早めに申し込むことをおすすめします。

 

↓ 無料カウンセリングに参加したい方はこちら

AIジョブカレ
無料カウンセリングはこちら
※無料カウンセリングはいつ終わるかわかりません。
※興味ある方はお早めに申し込むことをおススメします。

 

もっとAIジョブカレのことをよく知りたりという方は下記をチェックしてみてください。

 

転職目的で35歳以下かつプログラミング経験1年以上の方はAIジョブカレPROの受講資格があります。AIジョブカレPROは完全無料で受講可能であり転職保障もついているのでおすすめです ➡ AIジョブカレPROを確認する

 

タイトルとURLをコピーしました