【70%割引】AIジョブカレの給付金対象のコース・料金を徹底解説

AI Job Colle

AIジョブカレを安く通いたい!お得に通う方法はないの?

こういった疑問にお答えします。

今回は現役エンジニアで数多くの現場を経験した私がAIジョブカレをお得に通う方法についてまとめてます。

本記事では以下の内容となっております。

  • 給付金制度について【知らないと損】
  • AIジョブカレで給付金対象のコースの特徴と料金

3分ほどで読み終わりますので是非最後までご覧ください。

  

↓ 無料カウンセリングに参加したい方はこちら

AIジョブカレ
無料カウンセリングはこちら
※無料カウンセリングはいつ終わるかわかりません。
※興味ある方はお早めに申し込むことをおススメします。

※当ブログは2021年7月の情報を元に記載しております。最新の情報は公式ページでご確認または無料相談でお問い合わせください。

  

スポンサーリンク

給付金・補助金について

給付金制度についてご説明します。

給付金制度は厚生労働省から受講料の70%が還付される制度になります。

AIジョブカレでは

  • 機械学習講座 × ディープラーニング講座
  • 機械学習講座 × 統計+R講座

の2コースがこの給付金制度の承認を受けております。

プログラミングスクールに通うのであればこの給付金制度を利用しないともったいないのでぜひ知っておいてください。

 

給付金対象のプログラミングスクール

 

経産省の給付金制度とは

給付金制度とは「第四次産業革命スキル習得講座認定制度」(通称「Reスキル講座」)を指します。

Reスキル講座は、社会人が高度な専門性を身に付けてキャリアアップを図る、専門的・実践的な教育訓練講座を経済産業大臣が認定する制度です。

当然ですが、Reスキル講座に認定されるためには経産省の厳しい審査があるため、この講座に選ばれているAIジョブカレの2コースは信頼できると言えます。

 

このReスキル講座に認定された場合、厚生労働省の「専門実践教育訓練給付金」の対象となり、受講中に50%、受講後に20%の合計70%が国から給付されます。

  

給付金を取得対象者の条件

給付金を受給するためにはいくつか条件があります。そこまで厳しい条件ではないので基本的には誰でも受給可能だと思います。

在職者の場合(雇用保険の被保険者)

在職者の条件は「雇用保険の被保険者期間が3年以上ある方」になります。

つまり、3年以上の在職期間(就職経験)があれば対象になります。また、在職期間は合計で良いため、例えば転職している人であれば、複数の会社で合計3年の在職期間があれば問題ありません。

当制度を始めて利用する方は在職期間が2年あれば支給対象となります。

  

離職者の場合

離職者の条件は

  • 離職してから1年以内であること
  • 雇用保険の被保険者期間が3年以上ある方

になります。

在職者の場合と同様に当制度を始めて利用する方は在職期間が2年あれば支給対象となります。

 

給付金を取得するには?

給付金の受給するためには上記条件を満たす人が、ご自身で最寄りのハローワークに足を運ぶ必要があります。

また、給付金を取得するには

  • コース受講開始1ヶ月前までに申込み
  • 個人名義で申込、受講料の振込を行う

といったことが必要のため、まずはお近くのハローワークに相談してみてください。

  

経産省「第四次産業革命スキル習得講座」の認定制度についてはこちらの公式ページでご確認ください

  

↓ 無料カウンセリングに参加したい方はこちら

AIジョブカレ
無料カウンセリングはこちら
※無料カウンセリングはいつ終わるかわかりません。
※興味ある方はお早めに申し込むことをおススメします。

AIジョブカレの給付金対象コースの特徴

AIジョブカレでは給付金対象コースは

  • 機械学習講座 × ディープラーニング講座
  • 機械学習講座 × 統計+R講座

の2コースあります。

上記の通り機械学習講座とプラスα(ディープラーニング or 統計+R講座)を選択することで給付金を受けることができます。

では、機械学習講座およびディープラーニング と 統計+R講座 でそれぞれ何が学べるか説明いたします。

 

機械学習講座

機械学習講座を修了すると、AI(人工知能)を実務で活用できるようになります。
具体的には、データの前処理、計算ロジックやモデルの設定、Pythonライブラリを使った人工知能の実装・評価、チューニングまでを一人でできるようになります。

機械学習を実用活用できるレベルまでのカリキュラムとしては以下の通りになります。

  • 1日目:機械学習概論+最終(開発)課題の説明
  • 2日目:教師あり学習(回帰)+アルゴリズムの考え方と実装・評価
  • 3日目:教師あり学習(分類)+​アルゴリズムの考え方と実装・評価
  • 4日目:データ前処理+次元削減
  • 5日目:グループワーク+分析実践・フィードバック
  • 6日目:模擬演習+前処理~実装・報告書作成の演習​
  • 7日目:教師なし学習​+ビジネス実務応用
  • 8日目:開発課題コンテスト・知識テスト・​技術テスト+優秀者の表彰

上記記載の内容はあくまで一部で、上記以外にもグループ討議や宿題があります。

勉強したスキルにより以下のようなことができるようになります。

  • ​需要予測・・・過去のデータから将来発生しそうな出来事について予測(売上、在庫、株価、生涯価値、不動産価格等)
  • 異常検知・・・​IoTやセンサー等の学習データから抽出した特徴量から本質的な構造を学習し、異常や故障を検知(電気、センサー、気温、モーター動作等)
  • 分類・推薦・・・異常検知同様に、学習データから抽出した特徴量から学習し、自動分類や推薦​(顧客クラスタリング、画像分類、商品レコメンド等)

ぜひ上記のようなスキルを身に付けたい方は機械学習講座は受講ください。

 

ディープラーニング講座

ディープラーニング講座では以下のような方におすすめです。

  • ディープラーニングを体系的に学び、自社ビジネスに活かしたい方
  • AI・DeepLearningエンジニアとしてキャリアアップしたい方
  • 自由な働き方をしたい方

ディープラーニングを実用活用できるレベルまでのカリキュラムとしては以下の通りになります。

  • 1日目:多層パーセプトロン+​​誤差逆伝播法
  • 2日目:​正則化+半教師あり学習・Dropout等
  • 3日目:​最適化+​​二次手法の近似・最適化戦略等
  • 4日目:CNNの基礎+​仕組みの理解と実装
  • 5日目:CNNの各手法+VGG、GoogleNet、ResNet等
  • 6日目:RNNの基礎​+​仕組みの理解と実装
  • 7日目:Attention+​​Transformer, BERT等
  • 8日目:生成モデル+VAE、GAN、DCGAN等
  • 9日目:強化学習+​価値反復法・方策勾配法・深層強化学習等
  • 10日目:修了認定・知識テスト+​​技術テスト・優秀者の表彰

勉強で身に付けたスキルにより以下のことができるようになります。

  • 手書き文字や数字の画像分類・タグ付け・・・数字・文字判別の自動化による業務効率化・省力化
  • 製品・建造物・X線画像の異常検知・・・自動化による習熟度・質のバラつきの解消
  • SNSの評価・傾向分析・・・文字判定の自動化による省力化・サービス改善
  • チャットボット・対話システムの開発・・・​24時間対応による顧客満足度向上・離反防止

ぜひ上記のようなスキルを身に付けたい方はディープラーニング講座は受講ください。

 

統計+R講座

統計+R講座の特長としては以下があげられます。

  • ライブ配信講義では業界最安価格
  •  統計検定2級合格のための勉強に役立つ
  • 実務家講師による多数の事例を交えた講義
  • 学びを促進する演習・体験重視の講座

受講対象者としては以下のような方におすすめれてます。

ビジネスサイドの方

  • 昔、もしくは現在、統計を勉強していて、全体を整理したい方
  • 統計学をもとにデータの説明を行えるようになりたいマーケティング、企画、営業など全てのビジネスパーソン
  • データサイエンティスト職を志される方

エンジニアの方

  • 機械学習を勉強中で統計の知識が必須だと実感した方
  • 機械学習で構築したモデルを説明する力が必要だと実感している方
  • ビジネス課題を解決でき、分析ができるエンジニアを志される方

昨今、データに基づいた客観的な判断やAI関連のテクノロジーが理解できる能力がますます求められるようになってきています。

興味ある方はぜひご選択ください。

 

↓ 無料カウンセリングに参加したい方はこちら

AIジョブカレ
無料カウンセリングはこちら
※無料カウンセリングはいつ終わるかわかりません。
※興味ある方はお早めに申し込むことをおススメします。

 

AIジョブカレの給付金対象コースの料金

ではAIジョブカレの給付金対象コースの料金を説明します。

 

料金一覧

給付金対象コースの

  • 機械学習講座 × ディープラーニング講座
  • 機械学習講座 × 統計+R講座

の料金をそれぞれ説明します。

「機械学習講座」+「ディープラーニング講座」の場合

支払料金は以下の通りになります。

285,780円(講座申込時)- 200,046円(支給額) ➡ 85,734円(自己負担)

 

「機械学習講座」+「統計+R講座」の場合

支払料金は以下の通りになります。

220,000円(講座申込時)- 154,000円(支給額) ➡ 66,000円(自己負担)

 

給付金制度はいつ終わるかわかりません。格安で受講できる「今がチャンス」となってますので、興味がある方はお早めに申し込みことをおすすめします。

 

↓ 無料カウンセリングに参加したい方はこちら

AIジョブカレ
無料カウンセリングはこちら
※無料カウンセリングはいつ終わるかわかりません。
※興味ある方はお早めに申し込むことをおススメします。

 

AIジョブカレの給付金対象のコース・料金を徹底解説のまとめ

今回はAIジョブカレの給付金対象のコース・料金についてご紹介しましたがいかがでしたか。 

AIジョブカレの対象以下2コースは

  • 機械学習講座 × ディープラーニング講座
  • 機械学習講座 × 統計+R講座

は経産省から認定された給付金対象のため非常にお得に通うことができます。

現在もAIジョブカレに通うか迷っている方

悩んでいても何も変わりません。生涯のスキルを手に入れて現状を変えましょう。

まずは無料カウンセリングに参加して話を聞いてみましょう。無料なので損することはありません。

プログラミングスクールは値上げが相次いでいるため、お早めに申し込むことをおすすめします。

 

↓ 無料カウンセリングに参加したい方はこちら

AIジョブカレ
無料カウンセリングはこちら
※無料カウンセリングはいつ終わるかわかりません。
※興味ある方はお早めに申し込むことをおススメします。

 

給付金対象のプログラミングスクール

 

タイトルとURLをコピーしました