コードキャンプの就職先と年収の徹底調査【自社開発企業あり】

Code Camp

コードキャンプに通ったあと就職を考えているだけ、どのような就職先で年収はどれくらいになるんだろう。

こういった疑問にお答えします。

本記事では以下の内容を取り上げてます。

  • コードキャンプの就職先や年収
  • コードキャンプはおすすめできるか
  • IT人材を取り巻く環境

3分ほどで読み終わりますので是非最後までご覧ください。

 

↓ 無料カウンセリングに参加したい方はこちら

CodeCamp
無料カウンセリングはこちら
※ 無料カウンセリングはいつ終わるかわかりません。
※興味ある方はお早めに申し込むことをおすすめします。

 

※当ブログは2021年8月の情報を元に記載しております。最新の情報は公式ページでご確認または無料相談でお問い合わせください。

 

スポンサーリンク

就職実績について~就職先や年収の独自調査

今回はコードキャンプの就職先や年収を独自調査しました。

本題の前に簡単にコードキャンプの特徴を説明すると

  • 受講者数30,000名以上の実績
  • レッスン満足度96.6%のカリキュラム
  • オンライン完結
  • 0からWebサイト、アプリをつくる実践力を磨くカリキュラム
  • レッスンは365日、朝7時〜23時まで受講
  • 国家資格キャリアコンサルタントによるキャリア支援

となっております。

特に受講者数30,000名以上居て、レッスン満足度96%越えはコードキャンプのスクールの質の高さとして、かなり信頼できる指標だと思います。

 

コードキャンプをもっとよく知りたい方はこちらをご参照ください。

 

コードキャンプの就職先

コードキャンプは数多くの転職決定実績があります。

以下、就職先実績の一例です。

以下のように名だたる企業ばかりで知っている会社も多いのではないでしょうか。

  • Cyber Agent
  • Micro Ad
  • LIVESENSE
  • MONSTAR LAB
  • INTER SPACE
  • GMOペポパ株式会社
  • FUTURE
  • opt

やはりプログラミングスクールは学習の質も重要ですが、転職して働く期間の方が圧倒的に長いので転職先の質が最も重要だと思います。

コードキャンプは転職先にこだわりたい人には絶対的におすすめできます。

   

コードキャンプの就職先の年収

では実際にコードキャンプの卒業生の就職先の企業が入社時点でどれくらいの収入なのか調査しました。

企業初年度年収
Cyber Agent408万円~1,000万円
Micro Ad 400万円~550万円
INTER SPACE380万円~600万円
LIVESENSE400万円~900万円
GMOペポパ株式会社600万円前後
FUTURE 400万円~1,200万円
opt365万~500万円

入社時点で年収600万以上を見込める企業ばかりですね。また今後の昇給次第では1000万円も目指せると思います。

年収情報は2021年8月時点のdodaより引用しております。dodaは3万件以上の豊富なIT系求人を確認できますので、会員登録しておくことをおすすめします。

 

↓ 無料カウンセリングに参加したい方はこちら

CodeCamp
無料カウンセリングはこちら
※ 無料カウンセリングはいつ終わるかわかりません。
※興味ある方はお早めに申し込むことをおすすめします。

 

転職目的の方へのおすすめポイント

コードキャンプの転職先企業例を紹介しましたが、転職実績以外にもおすすめできる点がございますのでご紹介させていただきます。

 

どこよりも手厚いマンツーマン指導

他のスクールだと受講スタイルが動画アーカイブであることが多い中、コードキャンプはマンツーマン指導になってます。

講師陣は大手IT勤務、ベンチャー勤務、起業・独立経験者など、厳正な選考を通過した技術力と教育力を備えた現役エンジニア講師となってます。

しかもマッチングサイトのようにお気に入りの講師を予約できます。

もし合わない講師と感じた場合は、お気に入り講師だけ選択すれば問題ありません。

自分の気に入った人と学習ができればモチベーションも維持しやすいですよね。

 

プロによる万全のキャリア支援

現役エンジニアメンターと国家資格キャリアコンサルタントによるキャリア支援で、転職成功に導きます

ワークや面談を通じて転職準備を進めます。

具体的には

  • 自己分析
  • 応募書類の添削
  • 求人の見極め方
  • 面接対策

なども行ってくれます。

また、上記を加え、技術レベルと今後の成長についてまとめた推薦状を発行してくれます。

転職活動においてここまでサポートしてくれるのは、真剣に転職を考えている人にとっては心強いスクールですね。

  

自分にあったキャリアの相談ができる

キャリアについて、CodeCampの現役エンジニア・デザイナー講師、国家資格キャリアコンサルタントへ気軽に相談することができます。

例えば

  • IT企業での働き方
  • フリーランスとしての働き方
  • 子育てや介護との両立
  • 他ではちょっと聞きづらいリアルなお金の話

などについて質問/相談することができます。

講師のリアルな経験談を聞いたり、キャリア支援のプロに相談することで、自分自身の目標にあわせたキャリアを考えていきます。

コードキャンプは現役のエンジニアが講師陣のため、リアルな仕事の話も聞けて働くイメージがつきやすいのではないでしょうか。

 

コードキャンプは国内大手ということもあり、サポートがしっかりしています。転職目当ての方は間違いなく候補にしていいと思います。

   

↓ 無料カウンセリングに参加したい方はこちら

CodeCamp
無料カウンセリングはこちら
※ 無料カウンセリングはいつ終わるかわかりません。
※興味ある方はお早めに申し込むことをおすすめします。

   

IT転職は業界的にもメリットばかり

コードキャンプは豊富な就職実績から自社開発企業や給与水準の高い企業に入りやすいということがわかりました。

未経験者がこのように就職を成功できるのは、IT業界が非常に就職しやすい環境という点が挙げられます。本章ではその点を説明したいと思います。

 

人手不足のため転職しやすい

IT業界は人手不足のため転職がしやすく、高い給与水準が期待できるといった事情がございます。

下記は経産省が発表している「2030年までのIT人材の不足数に関する試算結果」になります。

引用:https://www.meti.go.jp/policy/it_policy/jinzai/houkokusyo.pdf

上図の通り、2030年になるまでにIT人材の人手不足は加速していくと予想されています。

現時点で既にエンジニアの求人倍率は7倍以上になっており、人手不足の状態に陥っていますが、2030年には約79万人のIT人材不足と試算されてます。

今後は更に「就職しやすい・待遇を上げやすい環境」になっていくと予想されます。伸びてる業界に身を置くのは、相対的に自分自身の価値が高まりるため職業選定において一番重要な要素と言えます。

 

高水準の給料が期待できる

先ほど人手不足の話をしましたが、エンジニアの給与水準は他の職種に比べ高くなっています。

厚生労働省の2019年の賃金構造基本統計調査によると、国内の全体平均年収は 約450万円 ですが、エンジニアの平均年収は過去5年とも 550万円 を超える水準で推移しています。

これはIT人材不足により給与水準が押し上げられていると考察できます。

また、今後も人手不足は進んでいくため更に平均年収の水準が上がる可能性もあり、給与の面からもITスキルを身に着けることのメリットは大きいです。

下記はIT転職サイトの求人ですが年収900万円以上の募集もたくさんあります。

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: png.jpg

 

IT人材は人手不足であり、業界的にも転職がしやすく、給与待遇が改善されています。今転職することは非常におすすめできます。

    

↓ 無料カウンセリングに参加したい方はこちら

CodeCamp
無料カウンセリングはこちら
※ 無料カウンセリングはいつ終わるかわかりません。
※興味ある方はお早めに申し込むことをおすすめします。

   

  

コードキャンプの就職先と年収の徹底調査のまとめ

今回はコードキャンプの就職先と年収について解説しましたがいかがでしたでしょうか。

エンジニアとして転職を試みたい人にとっては最適なスクールといえます。

現在もコードキャンプに通うか迷っている方

悩んでいても何も変わりません。生涯のスキルを手に入れて現状を変えましょう。

まずは無料カウンセリングに参加して話を聞いてみましょう。無料なので損することはありません。

プログラミングスクールは値上げが相次いでいるため、お早めに申し込むことをおすすめします。

 

↓ 無料カウンセリングに参加したい方はこちら

CodeCamp
無料カウンセリングはこちら
※ 無料カウンセリングはいつ終わるかわかりません。
※興味ある方はお早めに申し込むことをおすすめします。

 

コードキャンプのことをもっとよく知りたいという方は下記をチェックしてみてください。

 

タイトルとURLをコピーしました