コードキャンプの転職コースは働きながら受講可能?【現役SEのレビュー】

Code Camp

コードキャンプに通いたいけど働きながらは厳しい?

こういった疑問にお答えします。

結論から言ってしまうとコードキャンプは

働きながら受講可能

になります。

今回はなぜ働きながら受講可能なのか、その根拠や実際に働きながら受講するイメージを実例などを用いて紹介いたします。

本記事は以下のコンテンツになっております。

  • 受講時間や働きながら通うイメージ
  • 働きながら通える仕組みについて
  • 無理してでも通うメリット

実際に働きながら通うイメージが掴めると思うので是非最後までご覧ください。

 

↓ 無料カウンセリングに参加したい方はこちら

CodeCamp
無料カウンセリングはこちら
※ 無料カウンセリングはいつ終わるかわかりません。
※興味ある方はお早めに申し込むことをおすすめします。

   

※当ブログは2021年8月の情報を元に記載しております。最新の情報は公式ページでご確認または無料相談でお問い合わせください。

 

スポンサーリンク

コードキャンプ(Code Camp)について

今回はコードキャンプが働きながら受講可能か調査しました。

本題の前に簡単にコードキャンプの特徴を説明すると

  • 受講者数30,000名以上の実績
  • レッスン満足度96.6%のカリキュラム
  • オンライン完結
  • 0からWebサイト、アプリをつくる実践力を磨くカリキュラム
  • レッスンは365日、朝7時〜23時まで受講
  • 国家資格キャリアコンサルタントによるキャリア支援

となっております。

特に受講者数30,000名以上居て、レッスン満足度96%越えはコードキャンプのスクールの質の高さとして、かなり信頼できる指標だと思います。

 

コードキャンプをもっとよく知りたい方はこちらをご参照ください。

    

↓ 無料カウンセリングに参加したい方はこちら

CodeCamp
無料カウンセリングはこちら
※ 無料カウンセリングはいつ終わるかわかりません。
※興味ある方はお早めに申し込むことをおすすめします。

    

コードキャンプ(Code Camp)は働きながら受講可能か

今回はコードキャンプの転職コースの情報を整理してご紹介します。

 

公式ページのQA

冒頭でもお伝えしましたが、コードキャンプは働きながら受講可能です。

公式ページにも以下のQAがございます。

仕事を続けながら参加する事は可能ですか?

平日含めお仕事以外の時間を学習時間として確保していただければご参加いただけます。 受講生の9割以上が仕事を続けながら学習をしております。 

受講生の9割が仕事をしながら受講しているため問題ないですね。

とはいえ、本当はきついのでは?と心配の方も居ると思うので、実際に働くイメージも含めもう少し掘り下げていこうと思います。

  

コードキャンプの転職コースの基本情報

コードキャンプの転職コースは「CodeCampGate」というコース名で用意されています。

基本情報としては以下の通りです。

  • 入学金:33,000円
  • 受講料金:495,000円

合計金額としては税込み528,000円になります。

また対象年齢は20代(大学生、社会人の方)になってます。

 

価格が高いと感じる方には経産省の給付金が貰える以下のスクールをおすすめしています。

DMMWEBキャンプ

DMMWEBキャンプは経産省の給付金の支援対象コースもあり、70%オフの350,800円で受講可能です。すごくお得なのでチェックしてみてください ➡ DMMWEBキャンプ給付金コース

  

受講時間と期間の目安

受講時間と期間の目安は以下の通りです。

  • 受講期間4ヶ月(基礎学習2ヶ月+実践開発2ヶ月)
  • 受講時間300〜400時間程度

上記の通りですので、1週間の受講時間は 23時間くらいとなります。

 

週間の受講スケジュールのイメージ

では実際に週23時間前後の学習を仕事しながら行うのは大変なんでしょうか。

今回は、いくつか受講パターンの例を作ったので、各自の現在の労働環境と重ねて現実的に可能かどうか、イメージしてみてください。

 

パターン1(バランス型)

仕事の定時後に時間が作りやすい方向けのスケジュールだと以下のようになりますでしょうか。

  • 平日:2時間×5日
  • 土:7時間
  • 日:7時間

 

平日にしっかり時間がとれる方は日々の学習時間が2時間程度で済むので働きながらでも十分通えますね。

 

パターン2(土日集中型)

平日は仕事が忙しい方は以下のようなスケジュールが想定できます。

  • 平日:1時間×5日
  • 土:9時間
  • 日:9時間

  

土日にしっかりと時間を確保できれば平日は1時間だけで済むので仕事が忙しい方も何とかやりきれそうですね。

  

パターン3(週5のみ)

平日に1回、土日に1回、休みを作った場合は以下のようになります。

  • 平日:3時間×4日
  • 土:10時間
  • 日:なし

  

週5のみでOKですので、休日に丸一日遊びにいきたいという方でも無理なく通えますね。

  

上記3パターンはあくまで例ですので、ご自身の都合のよいスケジュールをご検討ください。

また、必ずしも毎週同じスケジュールで学習する必要はないため、時間に余裕のある時に一気に学習するといった工夫も可能です。時間を上手く使えば思ったほどきつくないと思います。

 

↓ 無料カウンセリングに参加したい方はこちら

CodeCamp
無料カウンセリングはこちら
※ 無料カウンセリングはいつ終わるかわかりません。
※興味ある方はお早めに申し込むことをおすすめします。

    

コードキャンプ(Code Camp)が働きながら受講しやすい理由

コードキャンプが就業中の方でも受講しやすい理由について紹介します。

 

どこよりも手厚いマンツーマン指導

他のスクールだと受講スタイルが動画アーカイブであることが多い中、コードキャンプはマンツーマン指導になってます。

講師陣は大手IT勤務、ベンチャー勤務、起業・独立経験者など、厳正な選考を通過した技術力と教育力を備えた現役エンジニア講師となってます。

しかもマッチングサイトのようにお気に入りの講師を予約できます。

もし合わない講師と感じた場合は、お気に入り講師だけ選択すれば問題ありません。

自分の気に入った人と学習ができればモチベーションも維持しやすいですよね。

 

レッスンは当日予約・変更可能

まずオンラインの教科書を学習し、教科書途中の小課題を解きます。わからないところがあれば、レッスンを予約します。

ただ、急な仕事などでキャンセルしなければいかないときも当日予約・変更可能なので、十分に対応できます。

レッスンは毎日7時〜23時40分の間で予約可能なので、仕事をしながらでも問題なく受講できると思います。

 

プロ講師にチャットで簡単に質問可能

オンライン教材を進めながら、分からないところはチャットもしくはビデオ通話でプロの講師に質問することができます。

疑問点があればオンラインでもチャットですぐに解決できるので、躓いた時も迅速に解決できます。

独学だとわからないことがあると

不明発生 → 自分で調査 → 全然わからない → 聞く相手がいない挫折

となってしまいますが、

コードキャンプであれば

不明発生 → 自分で調査 → 全然わからない → チャットで質問(解決)成長

という好循環で学習が可能です。

  

コードキャンプは数多くの卒業生を輩出しているため、働きながら通うための仕組みや体制が充実してます。なので十分働きながら通うことは可能なスクールになってます。

   

↓ 無料カウンセリングに参加したい方はこちら

CodeCamp
無料カウンセリングはこちら
※ 無料カウンセリングはいつ終わるかわかりません。
※興味ある方はお早めに申し込むことをおすすめします。

    

働きながら頑張る価値はある

コードキャンプは十分に働きながら通えることがわかりました。

実際通うとなると4ヵ月の間、平日の夜間や休日に勉強をしなければいけないので、大変と思う人も多いと思います。

働きながらITスキルを身に付けて転職するのはしんどいと思いますが

たった半年頑張るだけで一生のスキルを身に付けられ人生を変えれます。

ぜひ頑張ってみてはいかがでしょうか。

IT市場は人手不足が加速しており、就職も容易ですし、待遇も上がります。

未経験者がなぜ容易に就職が成功できるのかというと、IT業界が非常に就職しやすい環境という点が挙げられます。本章ではその点を説明したいと思います。

 

人手不足のため転職しやすい

IT業界は人手不足のため転職がしやすく、高い給与水準が期待できるといった事情がございます。

下記は経産省が発表している「2030年までのIT人材の不足数に関する試算結果」になります。

引用:https://www.meti.go.jp/policy/it_policy/jinzai/houkokusyo.pdf

上図の通り、2030年になるまでにIT人材の人手不足は加速していくと予想されています。

現時点で既にエンジニアの求人倍率は7倍以上になっており、人手不足の状態に陥っていますが、2030年には約79万人のIT人材不足と試算されてます。

今後は更に「就職しやすい・待遇を上げやすい環境」になっていくと予想されます。伸びてる業界に身を置くのは、相対的に自分自身の価値が高まりるため職業選定において一番重要な要素と言えます。

 

高水準の給料が期待できる

先ほど人手不足の話をしましたが、エンジニアの給与水準は他の職種に比べ高くなっています。

厚生労働省の2019年の賃金構造基本統計調査によると、国内の全体平均年収は 約450万円 ですが、エンジニアの平均年収は過去5年とも 550万円 を超える水準で推移しています。

これはIT人材不足により給与水準が押し上げられていると考察できます。

また、今後も人手不足は進んでいくため更に平均年収の水準が上がる可能性もあり、給与の面からもITスキルを身に着けることのメリットは大きいです。

下記はIT転職サイトの求人ですが年収900万円以上の募集もたくさんあります。

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: png.jpg

 

IT人材は人手不足であり、業界的にも転職がしやすく、給与待遇が改善されています。今転職することは非常におすすめできます。

   

↓ 無料カウンセリングに参加したい方はこちら

CodeCamp
無料カウンセリングはこちら
※ 無料カウンセリングはいつ終わるかわかりません。
※興味ある方はお早めに申し込むことをおすすめします。

    

コードキャンプは働きながら受講可能?まとめ

今回はコードキャンプは「働きながら通えるか」について解説しましたがいかがでしたでしょうか。

  • コードキャンプであれば比較的容易に働きながら受講できる
  • オンライン対応など働きながら通える制度や体制がある

ということがわかりました。

現在もコードキャンプに通うか迷っている方

悩んでいても何も変わりません。生涯のスキルを手に入れて現状を変えましょう。

まずは無料カウンセリングに参加して話を聞いてみましょう。無料なので損することはありません。

プログラミングスクールは値上げが相次いでいるため、お早めに申し込むことをおすすめします。

 

↓ 無料カウンセリングに参加したい方はこちら

CodeCamp
無料カウンセリングはこちら
※ 無料カウンセリングはいつ終わるかわかりません。
※興味ある方はお早めに申し込むことをおすすめします。

    

価格が高いと感じる方には経産省の給付金が貰える以下のスクールをおすすめしています。

DMMWEBキャンプ

DMMWEBキャンプは経産省の給付金の支援対象コースもあり、70%オフの350,800円で受講可能です。すごくお得なのでチェックしてみてください ➡ DMMWEBキャンプ給付金コース

  

タイトルとURLをコピーしました