SIerからWeb系(自社開発)への転職を本気で考える【転職活動】

仕事・転職

筆者は新卒からSIer企業に7年弱勤めております。現在はWeb系への転職を本気で検討しております。

大手企業で勤務しており、給料も同世代と比較して多く貰っている方だと思います。また手前味噌ですが会社からの評価もかなり良く順調に年収は増えてきてます。

そんな私がなぜ転職を検討しているのか、せっかくなので記録として残しておきたいと思い、この記事を執筆しようと決めました。まだ転職活動中ですが、今思ってることを正直に綴ろうと思います。

以下の方には役立つ記事になっていると思います。

  • SIerに勤めてる方で転職を検討している方
  • PM以外のキャリアを築きたい方
  • エンジニアとしてのキャリア形成に悩んでいる方

是非最後までご覧ください。

  

キャリアについて考える

私が転職活動をしようと思ったきっかけは「キャリア」について本気で考えるようになったからです。

キャリアとは「職業・技能上の経験。経歴」のことです。意外とキャリアの棚卸しをする機会は少ないのではないでしょうか?

私も新卒から漠然と目の前の仕事をこなしてきて、正直キャリアなど考える余裕やきっかけすらありませんでした。

ただ、業界のことも俯瞰的にわかってきて、30代目前にして自分のキャリアの棚卸しと、今後どういうキャリアを歩みたいのか、真剣に考えるようになりました。

 

SIerとしてのキャリアパスは?

将来どのようなポジションでどのような業務をしていたいかを考えました。今の会社の上司の業務内容をみて、自分もそうなりたいか?考えるのもいいかもしれません。

SIerで請負開発を行ってるポジションだと顧客折衝、パートナー調整、スケジュール管理、社内報告、見積もり、要件定義、設計などでしょうか?

つまりプロジェクトマネージャーとしての役割を担うことになります。SIer業界のプロパはPMとしてのキャリアが期待され、それ以外はほとんどありえません。

それは人月商売、つまり案件受注した際に社員1人につき、パートナー会社を何人つけるかで売上を拡大するビジネスモデルだからです。当然SIer社員はそのパートナー会社を管理する立場にならざるを得ないので、必然的にマネジメント業務を行うことになります。

ちなみにマネジメントやリーダ経験のある人材はIT業界での市場価値は非常に高いです。個人的に給料を上げたいのであれば、マネジメントを極めるのは良い選択だと思います。

 

本当にやりたい事を自問自答しよう

自分は何がしたいのか?真剣に考えました。日曜日の夜に明日の仕事が嫌だなと少し憂鬱になるようなことではいくら高給だろうが私は良くないと思います。

人生の大半を仕事で過ごす人間にとって、仕事を楽しめるかどうかは幸福度に直結すると思ってます。もちろん楽しいだけの仕事なんてこの世に存在しないと思いますが、日々の業務の中で何をしている時が楽しいか?絶対に楽しい瞬間があると思います。

ここで大切なのは「動詞」に着目することです。例えば「お客さんと会話してるときが楽しい」「設計してる時が楽しい」「プログラミングしてるときが楽しい」など何をしてる時が楽しいでしょうか?

私は「要件定義→設計→プログラミング」この工程を自分で実施してるときが一番楽しいです。1日があっという間に終わり、残業も喜んでやるくらい好きだと思いました。

ただ、SIerである程度の年次を越えると、レビューなどは行うことはあってもプログラミングまで担当することはほとんどありません。

やるのは顧客折衝・合意形成、パートナー管理や見積もり、WBS作成、日々の進捗管理などです。個人的にこれらの作業はあまり好きではありません。

進捗の悪いパートナーさんにリカバリプランを詰めるように求めたり、パートナー会社に人の入れ替えを打診してり、トラブル時は更に嫌な気分になりますね。自分は技術者なのか?いや、このままだと技術者としての将来が終わってしまう。そんな危機感すら覚えました。

 

開発がやりたい。SIerを辞めることを決意。

色々と自己分析していくうちに、あ~自分はプロジェクトマネジメントより開発が好きなんだなと改めて再認識することができました。

10年後に自分自身がエンジニアとしてスキルアップしているには以下のような環境へ身を置くことが必要だと考えました。

  • 事業会社で社内エンジニアを抱え自社開発している企業
  • モダンな技術を積極的に採用している企業
  • 新規事業(システム開発)に携われる企業

このようなポジションがエンジニアとしての自分のキャリアを技術面で育ててくれると思いました。

SIerに留まることも考えましたが、ビジネスモデル上、間違いなくPL→PMのキャリアパスが期待されます。技術的に成長できないとまでは言いませんが、顧客のシステムを納品することで売上が立つビジネスモデルのため、無難に前例・実績のある技術を採用して、QCD(品質・コスト・納期)を守り確実にシステムを構築し納品することが求められます。

新しい技術を採用しようという発想が生まれるはずもありません。(Web系に常駐として準委任契約で開発を担当する場合は例外ですが、そのような現場は稀ですし、SIer社員はそこでも管理メインです。)

以上より、自分のキャリアを考えた時に転職して、エンジニアとして開発に挑戦してみたいという気持ちが大きくなりました。

  

転職活動する際に考えていること

転職する際に他にも考えていることがあります。

それは将来どう生きたいかといういことです。例えば、今忙しく仕事一筋でも良いとしても、40歳からセミリタイアしたいなど、ワークライフバランスを重視したくなる時もくるでしょう。

そのような側面からも自己分析すると理想と現実のギャップを埋めるきっかけになると思います。

 

断固たる軸を決めよう。

転職活動をする際に軸が必要だと思います。

大抵の人は

  • 給料
  • 業務内容
  • ワークライフバランス

などでしょうか?

私は「業務内容」を軸に転職活動を考えてます。

せっかく職に就くのであれば、給料とか社会的地位とかを基準にするのではなく、自分が好きなことやりたいこととマッチした職を選ぼうというのが私の結論です。

お金だけを考えるのであれば、今の企業を勤め上げた方が良い気はしますが、自分の支出や将来を考えても、そもそもそんなにお金が必要か?最低でも今の給料くらい毎年貰えれば、十分かなと思います。

逆に給料が増えることで、責任やストレスなど精神的に負荷の高い状態になる、やりたくない業務を何年もやり続けるというのは嫌だというのが率直な考えです。

 

将来どのような人生を送りたいか

10年~20年と少し先のことも考えました。

その時に勤めている会社の業務が楽しければ会社員として人生を全うするのも良いと思います。ただ会社である以上、個人の意思よりは会社都合の業務内容になるのは仕方ないと思います。

年齢が上がれば転職もしずらくなりますし、その都度自分のやりたいことを求めて転職するってわけにはいきません。

そのため私は技術・経験を築いたあとはフリーランスとして自分の好きな仕事を受注して働くスタイルにしたいと思ってます。

それには金銭面である程度資産を築いたあとになるでしょうが、週3~週4などの案件を受注したり、プログラミングスクールの講師として自分の経験や知識を若い人に伝えるのも楽しそうだなと思っています。

そのためには、幅広い技術を身に付けることは必須であり、知識や技術を仕事の自由度を上げることが可能だと思ってます。

 

理想と現実。今行動すべきこと

やはり今自分のおかれた状況を変えるのは自分自身にしかできないです。自分の人生そのものと言っても良いキャリアを会社や他人任せにしていいのでしょうか。

「生殺与奪の権を他人に握らせるな」と言葉もありますが、やはり会社のせいにして行動しないのは逃げだと思いました。

私の場合、マネジメント業務は苦痛ですし、今より数百万円年収UPになったとしてもやりたくありません。それよりも開発に携わり、色々な技術・知見を育むことが何よりの喜びであり楽しみでもあります。

今の会社では日々立場も上がってきており、管理業務が増えたせいもあり、楽しくないしストレスフルな時も多くあります。

好きな事をして生きていくための努力をしている限り他の人にとってはつらいことも苦痛ではなくなるし、楽しい人生がおくれると私は信じてます。

  

転職するならエージェントを利用しよう

転職する際は転職エージェントに登録するのが一般的です。また、直近転職する予定がなくても企業の情報収集として転職サイトを使用可能ですので、ひとまず登録するのをおすすめします。

doda(デューダ)レバテックキャリアは業界大手でおすすめです。

doda(デューダ)

国内大手エージェントであるdodaは非常にIT転職求人が多く非常におすすめできます。

doda が選ばれる理由としては以下の点が挙げられます。

  • 3万件以上の豊富なIT系求人
  • 業界専任のキャリアアドバイザー
  • 企業との交渉もお任せできる

チェックポイント

年収600万以上・残業20時間未満・大手企業求人手数・社内SE求人多数 といった転職者に人気のある求人が多数あります。

  

↓ 無料会員登録はこちら

doda(デューダ)
に登録して求人を確認する
※まずは登録して求人を検索してみましょう!
※あなたにピッタリの会社が見つかります

  

レバテックキャリア

ITエンジニアが利用したい転職エージェントNo.1 に選ばれる レバテックキャリアは、ITエンジニア経験者専門の転職エージェントです。

レバテックキャリア が選ばれる理由としては以下の点が挙げられます。

  • 年収アップ率77%
  • サービス利用者数20万人突破
  • 8割以上が年収600万円以上の求人
  • 大手IT企業からWeb系企業、スタートアップまでを幅広く網羅

チェックポイント

今より年収を上げたい方、大手企業に就職したい方はハイクラス求人に特化してるレバテックキャリアがおすすめです。

  

↓ 無料会員登録はこちら

レバテックキャリア
に登録して求人を確認する
※まずは登録して求人を検索してみましょう!
※あなたにピッタリの会社が見つかります

 

転職エージェントは複数登録すると企業の選択肢が増えるので、両方登録することをおすすめします。

タイトルとURLをコピーしました