DIVE INTO CODEの就職先と年収の徹底調査【自社開発企業あり】

DIVE INTO CODE

DIVE INTO CODEに通って転職まで考えているけど、どのような就職先があって年収はどれくらいになるんだろう。

こういった疑問にお答えします。

DIVE INTO CODEに通った後にどのような就職先があるのか気になりますよね。

本記事では以下の内容を取り上げてます。

  • DIVE INTO CODEの就職先情報
  • DIVE INTO CODEの就職実績が良い理由

3分ほどで読み終わりますので是非最後までご覧ください。

 

まずは話を聞いてみましょう
DIVE INTO CODE
無料説明会はこちら
無料相談はいつ終わるかわからないため
お早めに申込ください。

   

    

DIVE INTO CODEの就職実績【就職先や年収の独自調査】

前置きですが、DIVE INTO CODEの基本情報は以下の通りです。

スクール名

DIVE INTO CODE
コース名 WEBエンジニアコース
料金 647,800円~
給付金最大70%割引
学習期間4ヵ月
学習時間720時間
学習形式オンライン / 教室
働きながらフルタイムの場合NG
年齢制限なし
転職保障転職失敗で全額返金
公式ページ無料カウンセリグに申し込む

現在DIVE INTO CODE は経産省の給付金対象であり、実質負担「197,800円」から受講可能です。

4ヵ月で720時間の高密度カリキュラムで、プログラミングに没頭したい人はおすすめです。

興味のある方は無料カウンセリングで話を聞いてみてください。

詳しい特徴や評判・口コミは以下の記事の用意してますのでご参照ください。

 

DIVE INTO CODEの就職先

DIVE INTO CODEは大手企業の内定獲得実績も多数あります。IT企業の場合未経験者でもポテンシャルや熱意などから採用してくれる企業も少なくありません。

特に DIVE INTO CODEはカリキュラムが実践形式であり卒業するころには経験者と遜色ないスキルが身についています。そのため卒業生の就職先のクオリティが高いです。

以下、就職先実績の一例です。

有名どころだけでも以下のような優良企業もあり、非常に素晴らしい成績ですね。

  • Alarmbox
  • デジタル・ヒュージ・テクノロジー
  • grooves
  • iret
  • ラグザイア
  • 万葉
  • MapleSytems
  • Money Forward
  • MembersCareer

転職して働く期間の方が圧倒的に長いので転職先の質は非常に重要だと思います。上記のように DIVE INTO CODEは優良企業も多く転職実績としてございます。

 

DIVE INTO CODEは転職先にこだわりたい人にも絶対的におすすめできます。

   

就職先情報や想定年収

では実際にDIVE INTO CODEの就職先の情報や入社時点でどれくらいの年収なのか調査しました。

Alarmbox
【会社概要】インターネット企業(与信管理サービス他)
【設立年月】2016年6月
【資本金】3億3,600万円
【従業員数】17人
【所在地】東京都新宿区市谷本村町3-22
【想定年収】492~540万円(引用元:indeed)
デジタル・ヒュージ・テクノロジー
【会社概要】システム開発企業
【設立年月】1998年8月
【資本金】1,000万円
【従業員数】20人
【所在地】東京都千代田区岩本町1-4-4
【想定年収】360~520万円(引用元:エン転)
デジタル・ヒュージ・テクノロジー
【会社概要】クラウド・エージェントサービス等を展開するインターネット企業
【設立年月】2004年3月
【資本金】ー
【従業員数】80人
【所在地】東京都千代田区岩本町1-4-4
【想定年収】500~800万円(引用元:doda
アイレット
【会社概要】システム開発企業
【設立年月】2004年3月
【資本金】7,000万円
【従業員数】682人
【所在地】東京都港区虎ノ門1-23-1 虎ノ門ヒルズ森タワー
【想定年収】300~800万円(引用元:doda
ラグザイア
【会社概要】システム開発企業
【設立年月】2004年11月
【資本金】2,450万円
【従業員数】16人
【所在地】東京都町田市森野1-33-11町田森野ビル
【想定年収】300~700万円(引用元:doda
万葉
【会社概要】システム開発企業
【設立年月】2007年4月
【資本金】2,062万円
【従業員数】16人
【所在地】東京都新宿区西新宿2-1-1
【想定年収】350~630万円(引用元:doda
Money Forward
【会社概要】家計管理インターネットサービス
【設立年月】2012年5月
【資本金】18億6,500万円
【従業員数】579人
【所在地】東京都港区芝浦3-1-21
【想定年収】401~1,000万円(引用元:doda
Members Career
【会社概要】システム開発企業
【設立年月】2014年5月
【資本金】3,000万円
【従業員数】256人
【所在地】東京都品川区西五反田七丁目25番5号
【想定年収】380~600万円(引用元:doda

年収情報の大部分は2021年8月時点のdodaより引用しております。dodaは3万件以上の豊富なIT系求人を確認できますので、会員登録しておくことをおすすめします。

 

入社時点で年収400万以上を見込める企業ばかりですね。IT業界で大事なのはまずは経験を積むことです。IT関連の知識が身に付くことで市場価値UPし年収1000万円とかも当たり前の世界です。

  

まずは話を聞いてみましょう
DIVE INTO CODE
無料説明会はこちら
無料相談はいつ終わるかわからないため
お早めに申込ください。

  

DIVE INTO CODEの就職実績が良い理由

DIVE INTO CODEは自社開発企業も含め、多数の転職実績を残しています。

それにはスクールとして就職に必要な内容を熟知しており、生徒1人1人をバックアップしている点が挙げられます。

 

現場で必要なスキルを習得

DIVE INTO CODEは総学習時間は4ヵ月で720時間とエンジニアとして必要なスキルがすべて身に付けられるスクールになってます。

実践の研修課題

実際にIT企業の新人研修に使用している教材に取り組むことで、ITの現場で求められる最低限のレベルに到達することが可能です。

コードレビュー

オリジナルアプリケーション開発やポートフォリオ開発の中で、「ただ動くだけのコード」ではなく実務で通用するコードを理解するために、一人一人にしっかりとレビューを行います。

チーム開発

チーム開発で必須のツールのGitHubを用いて機能を追加する経験をしてもらいます。 入社後はすぐにチームの一員として動けるような研修が行われます。

コードレビューがあるおかげで自己満足なコーディングで終わらず、プロとして求められる基準が覚えられます。

またエンジニアは基本的にチームで動くのでGitHubの修得は必須です。この点をしっかり抑えているのは転職後も即戦力として働けると思います。

 

充実の就職サポート

エンジニアとしてスキルを身に付けた後は就職活動が重要です。本スクールでは リクルーティングパートナーと提携しており、以下の内容を全面バックアップしてもらえます。

企業説明会
求人内容や現場で求められる内容を全体講義し、個別相談ができる座談会を定期的に開催され、受講生であれば無料で参加可能です。
 
履歴書 / 職歴書レビュー
就職希望企業の書類選考を突破するまで何度でもレビュー可能です。また、エンジニア就職成功者へのレビュー経験に基づき、就職成功者の書き方等ノウハウをフィードバックします。
 
求人紹介 / 面接対策
リクルーティングパートナーからの個別求人紹介や、面接対策としての模擬面接の実施をしてもらいます。
  
就職活動サポート講演
講演では、「採用試験面接・技術試験一問一答集」というシートを用いて、「こういった質問にはどのように回答すべきか」 という面接における考え方を教えていただきます。 

プログラミングを教えて終わりではなく就職活動に必要なことを リクルーティングパートナー と提携して無償で提供しています。これは非常に心強いサポートですね。

 

まずは話を聞いてみましょう
DIVE INTO CODE
無料説明会はこちら
無料相談はいつ終わるかわからないため
お早めに申込ください。

   

良い点やおすすめできる点

就職先のレベルが高い

就職先の実績を公開している通りすごく良い企業が多いです。DIVE INTO CODEだとSESではなく自社開発企業の会社に入る確率が上がるのは良いですね。

実力が圧倒的につく

4か月で700時間の学習を行うため、他のスクールと比較にならないほど学習時間を確保することになります。プログラミングを本気で学びたい人におすすめです。

給付金が利用可能で安い

通学スタイルの本コースは、経産省の給付金対象のため ¥647,800 ではなく¥197,800 で受講可能です。

   

悪い点やおすすめできない点

働きながら受講できない

平日フルタイムコースのため、働いている方は通うことができません。条件に満たない方は、オンラインで仕事と両立可能なスクールは多々あるのでそちらをご検討ください。

国内大手だとテックキャンプがオンライン・仕事と両立可能のスクールになります(給付金制度も利用可能)

学習量が多くて大変

学習量が多く平日は10:00~22:00まで勉強漬けになります。そこまで学習しなくてもエンジニアとしてのスタートは切れますので、もっとマイルドなスクールを選びたい人はおすすめできません。

他のスクールを検討する方は厳選したおすすめスクール4選をご参照ください。

     

まずは話を聞いてみましょう
DIVE INTO CODE
無料説明会はこちら
無料相談はいつ終わるかわからないため
お早めに申込ください。

   

迷っている方は無料カウンセリングに参加しましょう

DIVE INTO CODEでは無料カウンセリングを開催しております。

プログラミングについての説明やカウンセリングを行い、気になる点などの質問や相談も可能です。

もちろんオンラインでも参加可能なので気軽に申込みしてみましょう。

  • 料金:無料
  • 時間:45分
  • 場所:オンライン
  • 形式:1 体 1

下記のリンクから1分ほどで申し込み可能です。

  

まずは話を聞いてみましょう
DIVE INTO CODE
無料説明会はこちら
無料相談はいつ終わるかわからないため
お早めに申込ください。

 

プログラミングスクールは値上げが相次いでいるのでお早めの申し込みをおすすめします。

 

     

スクール名

DIVE INTO CODE
コース名 WEBエンジニアコース
料金 647,800円~
給付金最大70%割引
学習期間4ヵ月
学習時間720時間
学習形式オンライン / 教室
働きながらフルタイムの場合NG
年齢制限なし
転職保障転職失敗で全額返金
公式ページ無料カウンセリグに申し込む

現在DIVE INTO CODE は経産省の給付金対象であり、実質負担「197,800円」から受講可能です。

4ヵ月で720時間の高密度カリキュラムで、プログラミングに没頭したい人はおすすめです。

興味のある方は無料カウンセリングで話を聞いてみてください。

詳しい特徴や評判・口コミは以下の記事の用意してますのでご参照ください。

タイトルとURLをコピーしました