DIVE INTO CODEにおすすめのパソコンは?【必要なPCスペックも解説】

DIVE INTO CODE

DIVE INTO CODEに通う場合に必要なPCは?スペックもよくわからない。

こういった疑問にお答えします!

筆者は現役エンジニアであり、開発経験も豊富にあります。こういった疑問に対して十分な情報を提供できると思います。

本記事は以下の内容となっております。

  • DIVE INTO CODEで必要なPCのスペック
  • プログラミングにおすすめのPC

3分ほどで読み終わりますので是非最後までご覧ください。

 

まずは話を聞いてみましょう
DIVE INTO CODE
無料説明会はこちら
無料相談はいつ終わるかわからないため
お早めに申込ください。

 

     

スポンサーリンク

DIVE INTO CODEの受講時に必要なPCのスペック

前置きですが、DIVE INTO CODEの基本情報は以下の通りです。

スクール名

DIVE INTO CODE
コース名 WEBエンジニアコース
料金 647,800円~
給付金最大70%割引
学習期間4ヵ月
学習時間750時間
学習形式オンライン / 教室
働きながらフルタイムの場合NG
年齢制限なし
転職保障転職失敗で全額返金
公式ページ無料カウンセリグに申し込む

現在DIVE INTO CODE は経産省の給付金対象であり、実質負担「197,800円」から受講可能です。

4ヵ月で750時間の高密度カリキュラムで、プログラミングに没頭したい人はおすすめです。

興味のある方は無料カウンセリングで話を聞いてみてください。

詳しい特徴や評判・口コミは以下の記事の用意してますのでご参照ください。

 

DIVE INTO CODEに通う際にパソコンの準備は必要

公式QAにも記載がありますが、プログラミングはパソコンがないと出来ませんので、準備が必要です。

公式QA

記載にもありますが、これから準備をする方はMacを用意しましょう。

パソコンの準備がまだの人は用意しましょう。今後エンジニアになる場合は自分のパソコンは必須です。

  

PCのレンタルも可能

PCを購入する予定がない方はDIVE INTO CODEの提携企業にレンタルすることが可能です。

公式QA

→モノカリHP:https://komono.me/rental/?ref=6

借りるPCのスペックによりますが、1ヵ月10000円前後でレンタル可能です。受講生は10%OFFみたいですのでご確認ください。

  

購入・レンタルする場合の必要なPCスペックは?

DIVE INTO CODEにスペックの記載があります。

公式QA

スペックの条件はMacもWindowsも差はありません。これから用意する方は上記のスペック以上を手配しましょう。

DIVE INTO CODEの受講にぴったりのおすすめのPCは次章で紹介してますのでご安心ください。

 

まずは話を聞いてみましょう
DIVE INTO CODE
無料説明会はこちら
無料相談はいつ終わるかわからないため
お早めに申込ください。

 

DIVE INTO CODEにおすすめのパソコン

DIVE INTO CODEに通う際のPCの購入を検討されている方向けにおすすめのPCをご紹介します。

パソコンはスクール卒業後も開発などで長期的に愛用していくものなので、是非良いモノを購入しましょう。

   

Macのおすすめ

公式にアナウンスされてましたがOSはMacがおすすめです。

スマホアプリ開発やデザイン系の開発だとMacでないと使用できないソフトもありますので非常に重宝します。

現在販売中のMacBookのモデルとしては以下2択になります。

モデル
Mac Book Air

Mac Book Pro
値段115,280円(税込)~148,280円~(256G)
170,280円~(512G)
サイズ13.3インチ 13.3インチ
メモリ8G 8G
SSD256G256G
512G
重量1.29kg1.4kg
バッテリー最大18時間駆動最大20時間駆動
ポート数最大USB-Cポート×2最大USB-Cポート×4
カラー・シルバー
・スペースグレー
・ゴールド
・シルバー
・スペースグレー
音質ステレオスピーカーハイダイナミックレンジスピーカー
  • Mac Book Airは価格も安くスリムなフォルムです。持ち運びとかが多い場合はおすすめです。
  • Mac Book Proは音質バッテリー駆動時間が優れてます。USBポートも多いのが特徴です。

どちらも内蔵されているスペックにそこまで差はないので、価格や音質、バッテリー駆動時間など好みが合う方をお選びください。

私だったら汎用性や価格帯も良いので無難にMac Book Proの256Gを選択します。

  

✔ Mac Book Air 256G

 

✔ Mac Book Pro 256G/512G

  

Windowsのおすすめ

どうしてもWindowsが良い方はご参照ください。

通常の開発をする分にはWindowsでも全然問題ありませんのでご安心ください。

 

✔ Lenovo ThinkPad X395

Lenovoはスリムで高性能のため非常におすすめです。

主なスペックは以下の通りです。

  • 値段:111,360円~
  • スペック:Corei5 / 8GB / SSD256GB
  • ‎重量:1.28 Kg
  • ステレオスピオーカー
  • サイズ:13.3型HD液晶

 

✔ NEC LAVIE 

LAVIEも非常にコスパが良くおすすめできます。

主なスペックは以下の通りです。

  • 値段:112,300~
  • スペック:Corei5 / 8GB / SSD512GB
  • ‎重量:1.29 Kg
  • ステレオスピオーカー
  • サイズ:13.3型HD液晶

 

どちらも人気シリーズのPCですので優劣つけがたいですが、私は「LAVIE 」の方がSSD(容量)512Gとコスパが良いのでおすすめです。 

 

DIVE INTO CODEに通うか検討中の方は上記のパソコンで問題ないかは、念のため無料カウンセリングなどで問い合わせください。

 

まずは話を聞いてみましょう
DIVE INTO CODE
無料説明会はこちら
無料相談はいつ終わるかわからないため
お早めに申込ください。

 

DIVE INTO CODE受講時におすすめのパソコンは?まとめ

今回はDIVE INTO CODEに必要なパソコンについてご紹介しました。

もし DIVE INTO CODEに通うか迷っている方がいれば、まずは無料説明会に参加して話を聞いてみましょう。無料なので損することはありません。

プログラミングスクールは値上げが相次いでいるため、お早めに申し込むことをおすすめします。

オンラインですぐに説明会に参加可能ですので気になる方は話を聞いてみましょう。

 

まずは話を聞いてみましょう
DIVE INTO CODE
無料説明会はこちら
無料相談はいつ終わるかわからないため
お早めに申込ください。

 

    

スクール名

DIVE INTO CODE
コース名 WEBエンジニアコース
料金 647,800円~
給付金最大70%割引
学習期間4ヵ月
学習時間750時間
学習形式オンライン / 教室
働きながらフルタイムの場合NG
年齢制限なし
転職保障転職失敗で全額返金
公式ページ無料カウンセリグに申し込む

現在DIVE INTO CODE は経産省の給付金対象であり、実質負担「197,800円」から受講可能です。

4ヵ月で750時間の高密度カリキュラムで、プログラミングに没頭したい人はおすすめです。

興味のある方は無料カウンセリングで話を聞いてみてください。

詳しい特徴や評判・口コミは以下の記事の用意してますのでご参照ください。

 

タイトルとURLをコピーしました