DIVE INTO CODEの支払い方法まとめ【分割払い・クレカ・金利手数料】

DIVE INTO CODE

DIVE INTO CODEの支払い方法って何があるの?それぞれ支払い方法を解説してほしい。

こういった疑問にお答えします!

本記事はDIVE INTO CODEの以下の支払い方法をまとめています。

  • 一括現金払い
  • クレジットカード払い
  • 分割払い・金利手数料

3分ほどで読み終わりますので是非最後までご覧ください。

 

まずは話を聞いてみましょう
DIVE INTO CODE
無料説明会はこちら
無料相談はいつ終わるかわからないため
お早めに申込ください。

   

    

DIVE INTO CODEの支払い方法

前置きですが、DIVE INTO CODEの基本情報は以下の通りです。

スクール名

DIVE INTO CODE
コース名 WEBエンジニアコース
料金 647,800円~
給付金最大70%割引
学習期間4ヵ月
学習時間720時間
学習形式オンライン / 教室
働きながらフルタイムの場合NG
年齢制限なし
転職保障転職失敗で全額返金
公式ページ無料カウンセリグに申し込む

現在DIVE INTO CODE は経産省の給付金対象であり、実質負担「197,800円」から受講可能です。

4ヵ月で720時間の高密度カリキュラムで、プログラミングに没頭したい人はおすすめです。

興味のある方は無料カウンセリングで話を聞いてみてください。

詳しい特徴や評判・口コミは以下の記事の用意してますのでご参照ください。

 

一括現金払い(銀行振込)

通常の支払い方法として「銀行振込」による一括現金払いが可能です。

DIVE INTO CODEのWEBエンジニアコース(フルタイム)に申し込みする場合は「647,800円」を振込むことになります。

給付金で45万円の補助金が支給されますが「受講後」になりますのでご注意ください。

一括払いのメリットとしては、金利手数料が1円もかからない点です。

   

銀行振込による分割払い

DIVE INTO CODEは銀行振込でも分割支払い可能になります。

ただし以下の通り2回払いまでになります。

  • 1回目:¥373,900 
  • 2回目:¥273,900

分割可能とはいえ、1回の支払い金額が大きいので、手元にまとまったお金がない人はかなり厳しいですね。

  

クレジットカード払い

クレジットカード払いは対応していないスクールも多いですが、DIVE INTO CODEは対応しています。

「クレジットカード払い」であれば使用するカード会社のポイントが貯まるため1番お得な支払い手段となります。

各カード会社のポイントが貯まるため、積極的に活用していきましょう。

 

クレカの分割払いで毎月の負担を軽減可能

DIVE INTO CODEのHPには、クレジットカードは一括払いのみと記載がありますが、クレジットカード会社側の後払いサービスを利用すれば毎月の支払額を軽減できます。

まとまったお金がない人は支払い手段を「クレジットカード」にして分割払いをしましょう。

但し、分割払いをすると金利手数料がかかり支払い総額が多くなります。

この辺の分割払いの金利については知っておくべきです。

後章で、一般論からどれだけ金利がかかるのか説明しますのでご覧ください。

 

まずは話を聞いてみましょう
DIVE INTO CODE
無料説明会はこちら
無料相談はいつ終わるかわからないため
お早めに申込ください。

  

DIVE INTO CODEの分割払いの金利手数料

DIVE INTO CODEの受講料である 「647,800円」 を分割払いをする場合

  • どれくらいの分割回数で
  • どれくらいの分割手数料がかかるのか

気になりすよね?

今回は上記についてシミュレーションも含め詳しく見ていきます。

実際に分割払いする際は、利用するクレジットカード会社の分割手数料およびそもそも後払いサービスが存在するか必ず確認しましょう。

    

一般的な金利の相場

一般的な金利の相場として楽天カードの分割払いの手数料をお借りしました。

楽天カードの分割払い手数料

今回はこちらの情報を元にDIVE INTO CODEの料金の分割シミュレーションを行います。

 

DIVE INTO CODEの分割払い手数料

下表が「647,800円」の分割回数ごとの支払い手数料です。

分割回数各月の支払い金利手数料 支払い総額
2回323,900円0円647,800円
3回220,338円 +13,215円661,015円
5回133,965円 +22,025円669,825円
6回112,371円 +26,430円674,230円
10回69,185円 +44,050円691,850円
12回58,388円 +52,860円700,660円
15回47,591円 +66,075円713,875円
18回40,393円 +79,290円727,090円
20回36,795円 +88,100円735,900円
24回31,396円 +105,720円753,520円
30回25,998円 +132,151円779,951円
36回22,399円 +158,581円806,381円

当たり前ですが、分割回数を少なくした方が手数料が少なくなります。

最大の36回払いをする場合、月々22000円から通うことができますが、15万円以上も多く支払う必要がありますので、十分にご注意ください。

 

まずは話を聞いてみましょう
DIVE INTO CODE
無料説明会はこちら
無料相談はいつ終わるかわからないため
お早めに申込ください。

   

DIVE INTO CODEは実際どう?おすすめできるのか

merit

DIVE INTO CODEに通うのはどうなのか?現役エンジニアである筆者の意見を述べたいと思います。

 

良い点やおすすめできる点

仲間と教室で学べる

DIVE INTO CODEは昨今めずらしい通学スタイルであるため一生の仲間が作れます。働きながらは不可ですが、プログラミングに没頭したい人にはおすすめです。

就職先のレベルが高い

就職先の実績を公開している通りすごく良い企業が多いです。DIVE INTO CODEだとSESではなく自社開発企業の会社に入る確率が上がるのは良いですね。

実力が圧倒的につく

4か月で700時間の学習を行うため、他のスクールと比較にならないほど学習時間を確保することになります。プログラミングを本気で学びたい人におすすめです。

給付金が利用可能で安い

通学スタイルの本コースは、経産省の給付金対象のため ¥647,800 ではなく¥197,800 で受講可能です。

   

悪い点やおすすめできない点

通学スタイルのため通える人が限定される

通学スタイルのため、渋谷から遠い方や既に働いている方は通うことができません。条件に満たない方は、オンラインで仕事と両立可能なスクールは多々あるのでそちらをご検討ください。

国内大手だとテックキャンプがオンライン・仕事と両立可能のスクールになります(給付金制度も利用可能)

学習量が多くて大変

学習量が多く平日は10:00~22:00まで勉強漬けになります。そこまで学習しなくてもエンジニアとしてのスタートは切れますので、もっとマイルドなスクールを選びたい人はおすすめできません。

他のスクールを検討する方は厳選したおすすめスクール4選をご参照ください。

       

まずは話を聞いてみましょう
DIVE INTO CODE
無料説明会はこちら
無料相談はいつ終わるかわからないため
お早めに申込ください。

 

迷っている方は無料カウンセリングに参加しましょう

DIVE INTO CODEでは無料カウンセリングを開催しております。

プログラミングについての説明やカウンセリングを行い、気になる点などの質問や相談も可能です。

もちろんオンラインでも参加可能なので気軽に申込みしてみましょう。

  • 料金:無料
  • 時間:45分
  • 場所:オンライン
  • 形式:1 体 1

下記のリンクから1分ほどで申し込み可能です。

  

まずは話を聞いてみましょう
DIVE INTO CODE
無料説明会はこちら
無料相談はいつ終わるかわからないため
お早めに申込ください。

  

プログラミングスクールは値上げが相次いでいるのでお早めの申し込みをおすすめします。

 

     

スクール名

DIVE INTO CODE
コース名 WEBエンジニアコース
料金 647,800円~
給付金最大70%割引
学習期間4ヵ月
学習時間720時間
学習形式オンライン / 教室
働きながらフルタイムの場合NG
年齢制限なし
転職保障転職失敗で全額返金
公式ページ無料カウンセリグに申し込む

現在DIVE INTO CODE は経産省の給付金対象であり、実質負担「197,800円」から受講可能です。

4ヵ月で720時間の高密度カリキュラムで、プログラミングに没頭したい人はおすすめです。

興味のある方は無料カウンセリングで話を聞いてみてください。

詳しい特徴や評判・口コミは以下の記事の用意してますのでご参照ください。

 

タイトルとURLをコピーしました