Tech`s Report

MENU

【2020年6月最新】はてなブログProに移行する全手順【サブドメイン不要】

この記事でわかること
  • はてなブログ無料版からPROへの設定変更方法
  • 独自ドメインを取得し設定する方法
  • サブドメイン(www)なしで設定する方法(2020年5月より可)

 
現在はてなブログの無料版に登録している方は「とりあえずブログを始めてみた」という方が多いのではないでしょうか。
 

そして当記事をお読みいただいている方は、以下の方々かと思います。

  • ある程度ブログを書き続ける覚悟ができた
  • それなりのPV数が期待できアドセンス広告など掲載したい
  • もっとブログをカスタマイズしたいなど
  •  

    私も始めた時に1日100pv越えたらPROに移行しようとに決め、その目標に到達したため今回移行に踏み切りました。

    移行はとても簡単で1~2時間あれば完了します。  
     
     

    ただ、参考記事を物色しても最新の情報はあまりなく(特にサブドメイン不要のとこ)、途中公式ページを見たりしました。
     

    今回最新版として、はてなブログの無料版からはてなブログPROに移行したので全手順・画像付きで解説いたします。
     
     

     

    はてなブログのサブドメイン不要について

    2020/4/23よりサブドメインの設定が不要に。(以下公式アナウンス抜粋)
     

    はてなブログでは2020年4月23日(木)以降、独自ドメイン設定の際に、ネイキッドドメイン(wwwなどのホスト名がつかないドメイン)でも運用できるようになりました。これまでは、www.example.comのように冒頭にサブドメインの設定が必要でしたが、今後はexample.comのような形でもご利用いただけます。

     

    公式アナウンス:はてなブログProで独自ドメインをご利用の際、サブドメインなしでも運用できるようになりました(6/17追記あり) - はてなブログ開発ブログ

     

    これは嬉しいですね。正直サブドメインを付与するとURLがシンプルでなく、長くなってしまうのが嫌だったので、素晴らしい改善ですね。

     
    今回はサブドメイン不要版の手順を紹介します。

     

    はてなブログPRO版の購入

    希望コースの選択

    まずは、はてなブログPROの購入画面(https://blog.hatena.ne.jp/-/pro)に遷移しましょう。

     

    コースはお好みで、年数が長いほどお得なよくあるパターンです。

    f:id:TechnologyShare:20200602003507p:plain

    私は1年コースにしました。もしかしたら1年後に他のサーバに移行したい!なんて思う可能性もゼロではないですからね。

     

    クレジットカード情報の入力

    コース選択後に金額を確認し「クレジットカードを登録する」をクリックしてください。

    f:id:TechnologyShare:20200603232743p:plain

     
     
    はてなブログのログインパスワードを入力し「送信」をクリックしてください。

    f:id:TechnologyShare:20200603233238p:plain

     
     
    クレジットカード情報の入力し、「カードを登録する」をクリックしてください。

    f:id:TechnologyShare:20200603233359p:plain

     

     

    申込内容の最終確認

    コース内容を最終確認し、問題がなければ「次へ」をクリックしてください。

    f:id:TechnologyShare:20200603233907p:plain

     
     
    最後「申し込みを確定する」をクリックしてください。

    f:id:TechnologyShare:20200603234105p:plain

     
     

    申込完了

    これではてなブログProへの登録が完了しました。

    f:id:TechnologyShare:20200603234338p:plain

     

    この時点で広告の削除や、スマホCSSのカスタマイズ、キーワードリンクの削除など可能になりますが、今回は独自ドメインの設定まで行いますので、引き続きご参照ください。

     

    独自ドメインの購入

    希望ドメインの選択

    まずは、独自ドメインを購入する必要があります。
    私は 「お名前.com 」 から購入しましたので、その手順をご紹介いたします。
     

    お名前.com にログインし、以下の画面から好きなドメインを入力してください。かぶってなければ購入できます。
    f:id:TechnologyShare:20200607114256p:plain

     

    希望のドメインの末尾を選択し、「料金確認へ進む」をクリックしてください。
    f:id:TechnologyShare:20200607120738p:plain
    「com」「 jp」 などが安くて人気な印象です。

    私は「yu-report.com」にしました。ここで数時間悩んでしまう人がいますが、ドメインは早いもの勝ちですし、直感で決めて早く適用してしまった方がいいです。

     

    値段を確認し問題なければ、右側のメニューから「初めてご利用の方」を選択し、「メールアドレス/パスワード」を入力後に「次へ」をクリックしましょう。 f:id:TechnologyShare:20200607122343p:plain 「Whois情報公開代行メール転送オプション」と「ドメインプロテクション」は有料オプションになってます。
    後から追加もできますし、一旦不要でいいでしょう。私は今現在も適用してませんし、他のブロガーさんもつけてる方は見たことがありません。
     

    会員情報の入力

    会員情報を入力し、画面右側の「次へ」をクリックしましょう。 f:id:TechnologyShare:20200607123222p:plain

     

    クレジットカード情報の入力

    クレジットカード情報を入力し「申込む」をクリックしてください。 f:id:TechnologyShare:20200607123426p:plain  
    以下のサーバー準備のセールスが表示されますが、皆さんはてなブログPROへの移行だと思いますので「申し込まない」をクリックしましょう。
    f:id:TechnologyShare:20200607123618p:plain

    購入完了

    これで購入完了になります。 f:id:TechnologyShare:20200607123901p:plain

     

    独自ドメインのDNS設定

    DNSの設定はさきほど購入したドメイン名とはてなブログのIPアドレスを紐づける作業になります。これを行うことでドメイン名をクリックした際に、はてなブログのサーバに転送してくれるんですよね。大切な作業ですのでしっかりやっていきましょう。

     

    DNS設定画面の表示

    お名前.comのドメイン設定メニューから「ネームサーバーの設定」→「DNS設定/転送設定」をクリックしてください。
    f:id:TechnologyShare:20200607124841p:plain

     
    先ほど購入したドメイン名が表示されてるので、選択し「次へ」をクリックしましょう。
    f:id:TechnologyShare:20200607125415p:plain

     

    DNSレコード設定を利用するを選択しましょう。
    f:id:TechnologyShare:20200607125642p:plain  

    はてなブログのDNS設定

    冒頭でも記載しましたが、2020/5月からサブドメインは不要になりましたので、設定値は以下の通りです。 2種類のVALUEを入力しそれぞれ「追加」してください。
    f:id:TechnologyShare:20200607130627p:plain f:id:TechnologyShare:20200607130652p:plain

     

    追加後、画面を下にスクロールしチェックを入れ「確認画面へ進む」をクリックしてください。 f:id:TechnologyShare:20200607130926p:plain

     
    最後に「設定する」をクリックしてください。
    f:id:TechnologyShare:20200607131054p:plain  

    はてなブログに独自ドメインの設定

    はてなブログにログインし「設定」-「詳細設定」に独自ドメインを設定しましょう。
    f:id:TechnologyShare:20200607131433p:plain

     
    以上です。  

    これで移行完了になります。 お疲れさまでした。移行後にサーチコンソールのアドレス変更のリダイレクトがうまく行かず苦戦した点や、内部リンクの修正などToDoリストについては、別途まとめようかと思います。