未経験でエンジニアはやめとけ【現役エンジニアが解説】

仕事・転職

未経験からいきなりエンジニアってぶっちゃけどうなの?

こういった疑問にお応えします。

本ページに足を運んだ方は

  • エンジニアに興味がある
  • 未経験だから不安である

といった方が多いと思います。そんな方向けに未経験からエンジニアになることについて現役エンジニアである筆者が本音を語ります。

結論から言うと

未経験でいきなりエンジニアはやめといた方が良い

です。

その理由や、エンジニアになるための正しいステップを最後に載せてますので、是非最後までご参照ください。

 

スポンサーリンク

未経験からエンジニアがおすすめできない理由

なぜ未経験からエンジニアになることがおすすめできないのか説明します。

 

専門的なスキル・知識が必要だから

エンジニアと職業は比較的に誰でもなれると言われてますし、実際に誰でも簡単になれると思います。

実際に現場には「文系」「主婦」「新卒」の方などは多く存在し、問題なく仕事をこなしています。

ただ、未経験で転職となると少し話が違うと個人的には思います。

現場に入って何も知識がないと、本人が仕事を楽しめずに辛い思いをすることになります。

例えば「この設計書通りにJavaでプログラム開発お願い」と言われた時にすぐに行動できますか?

少しでも経験がある人は

  • フレームワークはどうするか
  • API、バッチ、画面のそれぞれのコーディング方法
  • 類似ソースなどの参考ソースはあるか
  • コーディングはどうやるか
  • 品質はどう担保するか

など抽象的な依頼の中から自分が必要な情報を提示し、すぐ開発作業に移れると思います。

ただ、実際に未経験でいきなり現場に配属されても、行動に移せないと思います。

教えてくれる先輩がきっと居ますが、手取り足取り教えてもらわなければいけないので、負担にもなります。

また、迷惑をかけてしまう自分に嫌気を感じ、仕事が楽しめなくなり挫折してしまうことが多いです。

   

良い就職先を選べない

未経験でエンジニアを募集しているところは人気のない企業が多いです。

以下はエンジニアの業界地図です。

エンジニア業界で人気がある会社は「社内SE」や「SIer(元請け)」になります。

未経験でも入社可能なのはせいぜい二次請け以下のSIerや、一番多いのがSESになります。

SESは自社のプロダクトを持っておらず、SIerや社内SEの会社に派遣され客先常駐という形で仕事をします。

現場を転々とすることもありますし、二次請け、三次請けが当たり前のため、中抜きされてあまり待遇が上がりません。

なので、未経験でいきなり転職エージェントに登録してエンジニアになるのは危険だと個人的には思います。

 

未経験からエンジニアになるにはどうしたら良いか

では難しいのか?と思った方も多いと思いますが、意外とそうでもありません。

実際に未経験からエンジニアになって活躍している人はたくさんいます。

そういう人達がどうやってエンジニアになったのか説明します。

 

事前に最低限のスキルを身につければOK

エンジニアの現場はスキルが必要とはいえそこまで熟練の技術などは不要です。

今やプログラミングは簡単に覚えることができますし、最低限のスキルがあれば問題ありません。

実は、現場で必要なスキルはプログラミングスクールを活用すれば 3カ月あればほとんど修得可能です。

最近のプログラミングスクールはコーディングだけでなく、より実践的なGitを使用した開発プロセスなども学べます。

また現役エンジニアによりコードレビューなどもあり、現場と同水準のアドバイスも貰えるため非常に実力がつきます。

なのでプログラミングスクールを経由することで現場レベルの経験を身に着けることができるため、誰でもエンジニアになることが可能です。

 

就職先もそこまで困らない

では就職先はどう選べばいいのか、よくわからない人は多いと思います。

ただ、プログラミングスクールは転職サポートがあるのが一般的です。

つまりプログラミングスクールに通った人だけが紹介してもらえる会社がたくさんあるということです。

転職成功率が95%以上のスクールも多く、「社内SE」や「SIer」といった人気の企業への就職も容易にできます。

なので多少受講料が高くてもプログラミングスクールに通えば

  • 現場レベルのスキルが身につく
  • 優良企業を紹介してもらえる

と、簡単にエンジニア転職が可能なのです。

エンジニアの平均年収は550万円を超える高い水準であり、他業種に比べ110万円高いと言われているので、スクール受講料の30万~50万円くらいは約1年ほどで回収できます。

 

本気で転職したいならプログラミングスクールで短期で通おう

転職に強いプログラミングスクールと言われてもよくわからないな~

こんな方は多いのではないでしょうか。

今回は現役エンジニアである筆者が、社内SEとSIerへの転職成功者を多数輩出しているプログラミングスクールを3つ厳選してご紹介します。

これからご紹介する3社はスキルがつき優良企業へ合格者を多数輩出しているスクールを精査してまとめました。

ただ、3社とも優劣はつけがたいので、まずは内容確認いただき少しでも気になったら「無料カウンセリング」に申し込んでみてください。

個人的には時間に余裕があれば3社とも無料カウンセリングに参加し1番いいと感じたところに通うのがおすすめです。

今回紹介するスクールは

  1. テックキャンプ
  2. Tech boost(テックブースト)
  3. DMM WEBキャンプ

になります。 

  

1.テックキャンプ

まずはテックキャンプをご紹介します。

テックキャンプは日本最大級のプログラミングスクールであり、プログラミングスクール界のライザップとも言われています。

つまり料金はそれなりに高いですが、効率的にスキルが身につき転職サポートまで一貫してレベルが高いスクールになってます。

 

特徴

  • オンライン・通学 の選択可能
  • 最短10週間600時間の超短期学習
  • いつでも講師に質問し放題
  • 専属ライフコーチが学習をサポート
  • 転職成功率99%(東証一部多数)
  • 転職できなければ全額返金

 

料金・コース

項目オンライン通学
分割料金(月)19,600円 × 48回22,900円× 48回
一括料金657,800円767,800円

※短期集中コースの料金です。(税込み)

 

テックキャンプが気になった方

テックキャンプの特徴や評判口コミ

   

  • 今すぐテックキャンプの説明動画のアーカイブ視聴も可能ですので、興味がある人は動画だけでも確認ください。20分ほどの動画になっております。➡動画を視聴する

 

2.Tech boost(テックブースト)

Tech boostをご紹介いたします。

料金は比較的リーズナブルですが、転職先や受講内容なども充実しており現役エンジニアの徹底サポートがあります。

メンタリング制度も手厚く挫折しないメソッドが構築されています。

 

特徴

  • オンライン・通学 の選択可能
  • 受講期間は自由に選択可能で合計300時間
  • 比較的リーズナブル
  • 充実のキャリアサポート

 

料金・コース

項目オンライン通学
一括料金354,860円376,860円

※ブーストコースを2ヵ月通った場合の料金(税込み)

 

テックキャンプが気になった方

テックブーストの特徴や評判口コミ

   

 

3.DMM WEBキャンプ

DMM WEBキャンプをご紹介いたします。

DMM WEBキャンプは転職実績が何より強い印象です。就職紹介先は大手企業が多く転職特化型のスクールになってます。

最大56万円の給付金もあるので条件を満たせれば格安で一流企業へ転職できるかもしれません。

 

特徴

  • オンライン・通学 の両方利用可能
  • 未経験者の割合 97%
  • 転職成功率 98 %
  • 就職先の実績に大手企業多数あり
  • 最大56万円の給付金(条件を満たせば)

 

料金・コース

項目12週間16週間
分割料金(月)24,882円27,541円
一括料金624,800円679,800円

12週間コースと16週間コースの料金です。(税込み)

 

DMM WEBキャンプが気になった方

DMMWEBキャンプの特徴や評判口コミ

   

未経験でエンジニアはやめとけのまとめ

今回は未経験がエンジニアになることについてまとめました。

結論としては

未経験からいきなり転職するのはおすすめできない

といことです。

ただし

プログラミングスクール経由でエンジニアになる

というのは非常におすすめできます。

 

IT企業に転職してキャリアを積めば年収900万円も目指せます。

あなたの就職が上手くいくことを応援しています。

気になった方はプログラミングスクールで話だけでも聞いてみてください。

無料なので損することはありません。

ぜひ無料相談会に参加してみてください。

仕事・転職
スポンサーリンク
Techs Report
タイトルとURLをコピーしました