未経験でエンジニアはやめとけ【現役エンジニアが解説】

仕事・転職

未経験からいきなりエンジニアってぶっちゃけどうなの?

こういった疑問にお応えします。

本ページに足を運んだ方はエンジニアに興味があるけど未経験だから不安な方が該当するのではないでしょうか。

そんな方向けに未経験からエンジニアになることについて現役エンジニアである筆者が本音を語ります。

結論から言うと

未経験でいきなりエンジニアはやめといた方が良い

になります。

その理由や、エンジニアになるための正しいステップを最後に載せてますので、是非最後までご参照ください。

 

スポンサーリンク

未経験からエンジニアがおすすめできない理由

なぜ未経験からエンジニアになることがおすすめできないのか説明します。

 

専門的なスキル・知識が必要だから

エンジニアと職業は比較的に誰でもなれると言われてますし、実際に誰でも簡単になれると思います。

実際に現場には「文系」「主婦」「新卒」の方などは多く存在し、問題なく仕事をこなしていますが、未経験で転職となると少し話が違うと個人的には思います。

例えば「この設計書通りにJavaでプログラム開発お願い」と言われた時にすぐに行動できますか?

少しでも経験がある人は

  • フレームワークはどうするか
  • API、バッチ、画面のそれぞれのコーディング方法
  • 類似ソースなどの参考ソースはあるか
  • コーディングはどうやるか
  • 品質はどう担保するか

など抽象的な依頼の中から自分が必要な情報を提示し、すぐ開発作業に移れると思います。

ただ、実際に未経験でいきなり現場に配属されても、行動に移せないと思います。

教えてくれる先輩がきっと居ますが、手取り足取り教えてもらわなければいけないので、負担にもなります。

このように迷惑をかけてしまう自分に嫌気を感じ、仕事が楽しめなくなり挫折してしまうことが多いです。

 

良い就職先を選べない

未経験でエンジニアを募集しているところは人気のない企業が多いです。

以下はエンジニアの業界地図です。

エンジニア業界で人気がある会社は「社内SE」や「SIer(元請け)」になります。

未経験でも入社可能なのはせいぜい二次請け以下のSIerや、一番多いのがSESになります。

SESは自社のプロダクトを持っておらず、SIerや社内SEの会社に派遣され客先常駐という形で仕事をします。

現場を転々とすることもありますし、二次請け、三次請けが当たり前のため、中抜きされてあまり待遇が上がりません。

このような理由から未経験でいきなり転職エージェントに登録してエンジニアになるのは危険だと個人的には思います。

 

未経験からエンジニアになるにはどうしたら良いか

未経験からエンジニアになるには正しいステップを踏むべきです。実際に未経験からエンジニアになって活躍している人はたくさんいます。

その人たちの多くがどのようにエンジニアになったのかを説明します。

 

事前に最低限のスキルを身につければOK

エンジニアの現場はスキルが必要とはいえそこまで熟練の技術などは不要です。

今やプログラミングは簡単に覚えることができますし、まずは最低限のスキルがあれば問題ありません。

実は、現場で必要なスキルはプログラミングスクールを活用すれば初歩レベルであれば3カ月あれば修得可能です。

最近のプログラミングスクールはコーディングだけでなく、より実践的なGitを使用した開発プロセスや現場基準のコードレビューなどで実戦的な内容が学べます。

プログラミングスクールを経由することで現場レベルの経験を身に着けることができ、誰でもエンジニアになることが可能です。

 

就職先もそこまで困らない

就職先に関してもプログラミングスクールは転職サポートがあるのが一般的です。

つまりプログラミングスクールに通った人だけが紹介してもらえる企業がたくさんあるということです。

転職成功率が95%以上のスクールも少なくないですし、未経験から「社内SE」や「SIer」といった人気の企業への就職を実現している方もそれなりにいます。

なので多少受講料が高くても

  • 現場レベルのスキルが身につく
  • 優良企業を紹介してもらえる

といった理由からプログラミングスクールに通いエンジニア転職することをおすすめします。

エンジニアの平均年収は550万円を超える高い水準であり、他業種に比べ110万円高いと言われているので、スクール受講料の30万~50万円くらいは約1年ほどで回収できます。

  

本気で転職したいならプログラミングスクールに通おう

未経験からIT転職するためにはプログラミングスクールを探す必要があります。

スクールに通ってさえしまえば、現場で必要なスキル学習キャリアサポート が受けられるため、比較的に容易に転職先が決まると思います。

今回は現役エンジニアである私が厳選した

をそれぞれ紹介させていただきます。

 

実績ある大手スクールから選びたい

とにかく実績のあるプログラミングスクールから選びたいという方向けにスクールを紹介させていだきます。

値段は20~50万円しますが、エンジニアの転職先として人気の高い社内SEなどの転職実績がある大手プログラミングスクールから3社厳選して紹介しています。

多少コストがかかっても実績のある人気プログラミングスクールから選びたいという方はこちらをご参照ください。

  

無料で通えるスクールから選びたい

出来るだけお金をかけたくないという人向けに無料で通えるプログラミングスクールも紹介させていただきます。

転職成功することでスクール側にも報酬が入るためお金を取らないというスクールも増えてきており、とにかくお金をかけたくないという方はこういったスクールに通うことをおすすめします。

   

未経験でエンジニアはやめとけのまとめ

今回は未経験がエンジニアになることについてまとめました。

結論としては未経験からいきなり転職するのはおすすめできないがプログラミングスクール経由でエンジニアになるというのは非常におすすめできるということです。

 

IT企業に転職してキャリアを積めば年収900万円も目指せます。

プログラミングスクールは高くても60万円ほどで通えますし、今は無料のスクールもあります。

年収が200万円~400万円もアップすると考えると非常に安い投資だと思います。ぜひ検討してみてください。  

  

タイトルとURLをコピーしました