無料プログラミングスクールはやめとけ?メリットやデメリットを解説!

仕事・転職

無料のプログラミングスクールって怪しいから通うのが不安だ。メリットやデメリットが知りたい。

本記事ではこういった疑問にお答えします。

昨今、エンジニアを目指す人が増えている影響でプログラミングスクールも増えてきました。

基本的にプログラミングスクールは高額であることが多いため、無料で通えるスクールに対して怪しい印象を抱く方は多いと思います。

本記事では無料プログラミングスクールの徹底解説として以下の内容をまとめてます。

  • 無料スクールがどのようなビジネスモデルで運営しているか
  • 無料スクールのメリットとデメリット

無料スクールに通うか迷っている方はぜひ最後までご覧ください。

  

スポンサーリンク

無料プログラミングスクールとは

無料プログラミングスクールとは、無料でプログラミングスクールを運営しているスクールを指します。

受講生は無料でプログラミングを学習できるため、非常に人気が高いです。

高額であるはずのプログラミングスクールが無料と聞くと逆に不安になるけど大丈夫なの?

と心配の声もよく耳にしますが、スクール側は受講生の就職先の企業から成果報酬を受け取っているため、ビジネスが成立しております。

これは、転職エージェントのビジネスモデルに近いです。転職エージェントも転職成立した場合、転職先の企業から手数料を貰っています。

このように無料スクールは受講生の転職先の企業から手数料を貰うことで成り立っています。

 

無料プログラミングスクールのメリット

では無料プログラミングスクールに通うメリットは何か?説明します。

 

無料で通えるためコストがかからない

周知の理由になりますが、本来かかるはずの高額のプログラミングスクールの「費用が0円」になるのは最大のメリットと言えます。

プログラミングスクールに通いたいけど

  • 金銭的に余裕がない人
  • 転職コストを節約したい人

には非常におすすめできます。

プログラミングを無料で学べる上に就職まで出来るのは最大のメリットと言えます。

 

転職特化であるため就職成功しやすい

もう1つの理由が転職特化型である点です。無料スクールのビジネスモデル上、生徒が就職に成功しないと赤字になります。

無料プログラミングスクールは転職に最適化されたカリキュラムのプログラミングスクールといえます。

逆に言うと転職する予定のない方は無料プログラミングスクールの受講条件に当てはまりませんのでご注意ください。

 

有料スクールと遜色がない

無料スクールだから受講内容は手抜きなのでは?と思う方も多いと思います。

しかし、学習内容は有料スクールと遜色ない内容であることがほとんどです。

転職特化のため就職サポートも充実してますが、学習面も企業から求められるスキルを分析しカリキュラムに反映させてます。

そのため、「転職のための無駄のない受講内容」になってます。

そもそも内定のためには、受講生にスキルを習得させないといけないので、有料スクールよりシビアに育成に注力してます。

 

無料プログラミングスクールのデメリット

では無料プログラミングスクールのデメリットは何があるのか?気になる方も多いと思うので解説していきます。

 

紹介先の企業の中から転職先を選ぶ必要がある

無料スクールのビジネスモデル上、転職先への紹介手数料を貰う必要があります。

つまり、就職活動する際は

無料プログラミングスクールと提携している企業にし応募できない

ということになります。

例えば「どうしてもA社に行きたい」という願望が出てきた場合でも、スクールと提携してる企業でないと応募ができません。

とはいえIT業界は転職しやすいため、まずは無料スクールの紹介先企業に就職し、1年くらい実務経験して、再度企業を選び直すというキャリアプランもおすすめできます。

まずは就職して実務経験を積むのに注力するのは全然ありです。

 

途中辞退すると料金の支払いが発生する

無料プログラミングスクールは途中辞退すると料金が発生することが多いです。

途中辞退は以下のような状態を指します。

  • スクールの受講および転職活動を途中やめる
  • 内定後に辞退してしまう
  • 紹介先企業以外へ転職してしまう

就職活動を実施した上で内定が貰えなかった場合は、料金が発生する可能性は少ないですが、自己都合での途中辞退は違約金が発生することが多いです。

違約金はスクールによりますが、相場的には10万円~30万円くらいであることが多いです。

  

スクール数が少ない

昨今、無料プログラミングスクールは増えてきましたが、有料スクールに比べると全体数は少ないです。

そのためスクール選びにおいて、自然と選択肢が狭まってしまうため、ある程度は妥協しなければならない点が出てくるかもしれません。

本記事では、後章で筆者が厳選したおすすめ無料プロラミングスクールを紹介してますので是非ご参照ください。

 

年齢制限があるスクールが多い

就職を前提としているため、年齢制限を設けているスクールが多いです。

やはり、未経験から採用するとなると30代より20代の方が内定が貰いやすいです。

例えば国内の無料プログラミングスクールの大手だと以下の制限がございます。

  • GEEK JOB → 29歳まで
  • 侍エンジニア → 28歳まで

このため、30代からプログラミングスクールに通う場合は、スクールがかなり限られているという制限がございます。

  

プログラミングスクールの選び方

ではプログラミングスクールはどのように選べばいいのか最後におすすめをご紹介させていただきます。

今回は

  • 無料プログラミングスクールのおすすめ
  • 有料プログラミングスクールのおすすめ

を紹介させていただきます。

それぞれご自身の好みに合わせてお選びください。

 

無料プログラミングスクールに通いたい方

無料プログラミングスクールから選びたい方は以下の記事をご参照ください。

転職成功率97%以上のGEEK JOBや侍エンジニアを含む3つのスクールをご紹介してます。

 

有料プログラミングスクールに通いたい方

有料プログラミングスクールは無料スクールのデメリットが無いため、選ぶ方も多いです。

また、経産省の給付金制度で70%オフで受講可能なスクールもあるため、そこまで高くならないスクールもあります。

有料プログラミングスクールから選びたい方は以下の記事をご参照ください。

70%オフで受講可能のテックキャンプも含めた国内人気スクールを3つご紹介しております。

  

無料プログラミングスクールはやめとけ?まとめ

今回、無料プログラミングスクールのメリットやデメリットをまとめてみました。

デメリットもありますがそれが許容できるのであれば、無料プログラミングスクールは非常におすすめできます。

この記事を読んでいる方の中には、そもそもプログラミングスクールに通うか迷っている方も多いと思います。

ただ、確実に言えることは

悩んでいても何も変わりません。生涯のスキルを手に入れて現状を変えましょう。

まずは無料説明会に参加して話を聞いてみましょう。無料なので損することはありません。

プログラミングスクールは値上げが相次いでいるため、お早めに申し込むことをおすすめします。

オンラインですぐに説明会に参加可能ですので気になる方は話を聞いてみましょう。

 

✔ 無料スクールから選びたい人

 

✔ 有料スクールから選びたい人

 

タイトルとURLをコピーしました