Tech`s Report

MENU

PostgreSQL データベース・テーブルの作成 for Windows 10

フリーエンジニア向け案件を紹介【BTCエージェント】

PostgreSQL でデータベースとテーブルを作成したため、その作業手順を残しておきます。PostgreSQLはインストール済の状態です。
 

・PostgreSQLが未インストールの方はこちらから
https://yu-report.com/entry/postgreSQL

環境

  • Windows10 64bit
  • PostgreSQL 12

データベースの作成

データベースを作成していない状態のため、まずはデータベースを新規に作成します。
既に作成済の場合は当手順は不要です。

PostgreSQLに接続
psql -U postgres

※ユーザ名は適宜読み替えてください。
上記コマンド実行後、パスワードを入力して接続してください。

CREATE DATABASE の実行
CREATE DATABASE db01 ;

db01はデータベースの名前のため何でもOKです。

データベースの一覧表示

一覧表示のSQLを実行してください。

SELECT * FROM pg_database;

 

実行後に下記の通り「db01」が表示されました。(見ずらくてすみません。)

postgres=# SELECT * FROM pg_database;
  oid  |  datname  | datdba | encoding |     datcollate     |      datctype      | datistemplate | datallowconn | datconnlimit | datlastsysoid | datfrozenxid | datminmxid | dattablespace |               datacl
-------+-----------+--------+----------+--------------------+--------------------+---------------+--------------+--------------+---------------+--------------+------------+---------------+-------------------------------------
 13318 | postgres  |     10 |        6 | Japanese_Japan.932 | Japanese_Japan.932 | f             | t            |           -1 |         13317 |          480 |          1 |          1663 |
 16393 | db01      |     10 |        6 | Japanese_Japan.932 | Japanese_Japan.932 | f             | t            |           -1 |         13317 |          480 |          1 |          1663 |
     1 | template1 |     10 |        6 | Japanese_Japan.932 | Japanese_Japan.932 | t             | t            |           -1 |         13317 |          480 |          1 |          1663 | {=c/postgres,postgres=CTc/postgres}
 13317 | template0 |     10 |        6 | Japanese_Japan.932 | Japanese_Japan.932 | t             | f            |           -1 |         13317 |          480 |          1 |          1663 | {=c/postgres,postgres=CTc/postgres}
(4 行)

以上でデータベースの作成が完了です。  
 

データベースに接続

接続中のデータベースの確認
SELECT current_database();

現在接続中のデータベースが表示されます。おそらく接続時に明示的に指定していない場合「postgres」になっているはずです。

データベースの接続先の切り替え
\c db01

これで先ほど作成した「db01」に接続されます。  

テーブルの作成

テーブルを実際に作成していきます。テーブルを作成すれば実際にデータを保存したり操作できます。

DDLの実行

簡単な以下のTBLの定義を作成する。
 

会員情報TBL(KAIIN_INFO)

名前 ID 桁数 必須 PK
会員NO KAIIN_NO 12 NUMERIC
メールアドレス MALE_ADDRESS 40 VARCHAR - -
パスワード PASSWORD 40 VARCHAR - -
情報 INFO 50 VARCHAR - -

 

DDL文

CREATE TABLE KAIIN_INFO
(KAIIN_NO NUMERIC(12) NOT NULL,
MALE_ADDRESS VARCHAR(40) ,
PASSWORD VARCHAR(40),
INFO VARCHAR(50),
PRIMARY KEY (KAIIN_NO));

「CREATE TABLE」と表示されれば作成完了です。

テーブルの確認

さきほど作成したテーブルを確認してみましょう。

\d KAIIN_INFO

下記のように想定通りのテーブル定義で作成できてますね。

postgres=# \d KAIIN_INFO
                         テーブル"public.kaiin_info"
      列      |          型           | 照合順序 | Null 値を許容 | デフォルト
--------------+-----------------------+----------+---------------+------------
 kaiin_no     | numeric(12,0)         |          | not null      |
 male_address | character varying(40) |          |               |
 password     | character varying(40) |          |               |
 info         | character varying(50) |          |               |
インデックス:
    "kaiin_info_pkey" PRIMARY KEY, btree (kaiin_no)

 

テーブルの削除

テーブルが不要、または作り直したいという場合は以下のコマンドで作成したテーブルを削除できます。

DROP TABLE KAIIN_INFO

KAIIN_INFO=テーブル名称になります。

データベースの削除

データベース自体不要だという場合は以下のコマンドで削除できます。

DROP DATABASE db01

db01= データベース名称になります。

以上になります。簡単にデータベースやテーブルは作成可能ですので、ぜひ試してみてください。

 
・SQLの基本的なコマンド一覧はこちら
https://yu-report.com/entry/postgresqlCommand