Tech`s Report

MENU

【Twitter API】実行エラー Read-only application cannot POST(アクセス権限)

フリーエンジニア向け案件を紹介【BTCエージェント】

TwitterAPIでいざ実行しようと思ったら以下のエラーが発生しましたすぐに解消可能でしたので原因と対処方法をご紹介します。

Read-only application cannot POST

 

原因と対処法

原因はツイッターのアカウントの設定が読込専用になっているためです。
初期状態だとデフォルトで読込専用になっているため設定変更しましょう。  
 

アカウントの権限変更

開発アカウントにログイン

以下から開発アカウントにログインしてください。
https://developer.twitter.com/en/portal/projects-and-apps  
 

権限変更画面の表示

ダッシュボートの左メニューの[Projects&Apps]→[Overview]から作成したプロジェクト名の歯車マークをクリックしましょう。 f:id:TechnologyShare:20201004213639p:plain

 
下にスクロールすると[App permissons]の項目があるので[Edit]をクリックしましょう。
f:id:TechnologyShare:20201004213820p:plain  
 

権限の選択

下記の画面が表示されるので「Read」から「Read + Write + Direct Messages」に変更して「Save」をクリックしましょう f:id:TechnologyShare:20201004213919p:plain

 
確認画面が表示されますが「Yes」でOKです。
f:id:TechnologyShare:20201004214137p:plain  

 
 

アクセスキーやアクセストークンの再発行

権限を変更したらアクセスキーやアクセストークンは再発行が必要ですのでご注意ください。
各種キー情報の再生成方法は以下を参照ください。
https://yu-report.com/entry/twitterRegenerate

 

以上です。