【最新版】A5:SQL Mk-2 からPostgreSQLへの接続方法

フリーソフトウェア

無料のデータベース管理のGUIツールとして人気の高いA5のPostgreSQLへの接続方法を画像付きで解説してます。

・ダウンロードがまだの方はこちらから
【最新版】A5:SQL Mk-2 のダウンロード・インストール方法 for Windows10 – Tech’s Report

スポンサーリンク

やりたいこと

A5:SQL Mk-2 からローカル環境に構築したPostgreSQL 12 への接続

データベースの追加

[データベース] → [データベースの追加と削除]をクリックしてください。

f:id:TechnologyShare:20200411160623p:plain
[追加] をクリックしてください。
f:id:TechnologyShare:20200411160702p:plain

[PostgreSQL(直接接続)(P)] をクリックしてください。
f:id:TechnologyShare:20200411160824p:plain

PostgreSQLの接続先の情報を入力して [テスト接続] をしてみてください。
f:id:TechnologyShare:20200411161322p:plain

接続情報説明
DBタイプ通常だとPostgreSQLになります。
サーバ名接続先のIPアドレス or ドメイン名 を設定してください。自分のPCだとlocalhostで問題ありません。
ポート番号ポスグレが使用しているポートを記載してください。デフォルトだと「5432」になります。
データベース名接続したいデータベースの名前を設定してください。
ユーザIDログインするときに使用するユーザ名を設定してください。
パスワードログインするユーザのパスワードを設定してください。
パスワードを保存するチェックをすると今後接続する際にパスワードが聞かれなくなります。
プロトコル・バージョン今回はPostgreSQL12のため、[3.0(PostgreSQL 7.4~)]を選択します。

[テスト接続] 実施後に以下のように成功メッセージが表示されれば問題なく設定できてます。
f:id:TechnologyShare:20200411162200p:plain

[OK] をクリックしましょう。
f:id:TechnologyShare:20200411162302p:plain

データベース別名とはA5上で表示される名前になります。わかりやすい名前をつけてもいいですし、そのままでも問題ありません。 入力後に [OK] をクリックしましょう。
f:id:TechnologyShare:20200411162408p:plain

一覧に追加されましたね。 以上で追加作業は完了になります。
f:id:TechnologyShare:20200411162609p:plain

データベースに接続

さきほど追加したデータベースが左のウインドウのデータベースに表示されています。 クリックしてみましょう。
f:id:TechnologyShare:20200411163233p:plain
ログインウィンドウが表示されます。そのまま [接続] をクリックしましょう。パスワードを保存していない場合はパスワードの入力も忘れずに。

f:id:TechnologyShare:20200411163344p:plain

接続に成功すると以下のように「public」が表示されるのでクリックしましょう。
f:id:TechnologyShare:20200411163603p:plain
データベースのテーブルやシーケンスなどの情報がみれます。
f:id:TechnologyShare:20200411163704p:plain
試しにテーブルをクリックしてみると、右側のウインドウにレコードが表示されます。
f:id:TechnologyShare:20200411163902p:plain
以上が接続手順になります。

 

エンジニア向けおすすめ書籍

エンジニアを職業としているなら絶対に目を通すべき本になってます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました