Tech`s Report

MENU

【A5:SQL Mk-2】トランザクション制御のやり方

A5Mを使用したトランザクション制御のやり方をご紹介します。

トランザクション制御とは

A5MはSQL実行時に基本オートコミットになります。 オートコミットだと、UPDATE文など実施した際にその処理の完了とともにコミットが行われ、データベースの内容が書き換わります。
つまりロールバックできないということになります。

なのでA5Mではトランザクション制御を行い、最後コミット処理をしない限りデータベースの内容を反映させないといった機能があります。

 

トランザクション制御のやり方

トランザクションの開始

以下のボタンをクリックしてください。
f:id:TechnologyShare:20200705173955p:plain

 

トランザクションの終了(コミット)

再度、以下のボタンをクリックしてください。

f:id:TechnologyShare:20200705174550p:plain

 

以下の確認ダイアログが表示されるので「はい」をクリックしてください。
f:id:TechnologyShare:20200705174634p:plain

 

トランザクションの終了(ロールバック)

以下の赤バツのついたボタンをクリックしてください。

f:id:TechnologyShare:20200705174617p:plain

 

以下の確認ダイアログが表示されるので「はい」をクリックしてください。
f:id:TechnologyShare:20200705174156p:plain

 

以上になります。