カラム属性の変更 | PostgreSQL【ALTER COLUMN~TYPE】

PostgreSQL

PostgreSQLでTBL作成後にカラムの属性を変更する方法になります。

スポンサーリンク

構文 (ALTER TABLE ~ RENAME COLUMN)

構文は以下の通りです。

ALTER TABLE  [テーブル名]  ALTER COLUMN [変更対象のカラム名] TYPE [変更後の型名] ;

実行例

たとえば

・テーブル名:kaiin_login_info
・カラム名:age の属性をintに修正したい

といった場合は下記のコマンドを入力すればOKです。

ALTER TABLE kaiin_login_info ALTER COLUMN age TYPE int;

既にデータが存在する場合(自動的に型変換できませんエラー)

既にデータが存在する場合は、「自動的に型変換できません」エラーが発生すると思います。

末尾に「USING」コマンドを付加すればOKです。

ALTER TABLE kaiin_login_info ALTER COLUMN age TYPE int USING age::int ;

構文としては USING [型名]::[変更後の属性] になります。

以上です。

おすすめ書籍

PostgreSQLは開発現場では必須のスキルです。以下書籍は網羅的に情報がまとまってるので是非購入してみてください。

PostgreSQL
スポンサーリンク
Techs Report

コメント

タイトルとURLをコピーしました