Tech`s Report

MENU

【初心者向け】PostgreSQLに接続するバッチファイルを作成する

PostgreSQLに接続する際に毎回コマンドプロンプトを立ち上げて接続するのって面倒ですよね。
今回、バッチファイルを起動するだけで接続するちょっとした.batファイルを作成しましたので備忘録として残しておきます。

  • バッチファイルを起動するだけでPostgreSQLに接続したい

という方はすぐに作成できますので、是非試してみてください。

バッチファイル(.bat)の作成

適当なテキストファイルでも何でもいいので 拡張子が「.bat」のファイルを作成してください。

私は以下のようなファイルを作成しました。
f:id:TechnologyShare:20200405123136p:plain  

バッチファイルの記述内容

作成したバッチファイルをメモ帳などのテキストエディタで開き、以下の内容をコピーして貼り付けしてください。

@echo off

rem **************************************
rem PostgreSQLに自動接続するBATファイル
rem **************************************

rem 接続情報の設定

set HOST=localhost
set PORT=5432
set DBNAME=db01
set USER=postgres
set PGPASSWORD=password

rem 接続コマンド
psql -h %HOST% -p %PORT% -U %USER% -d %DBNAME%

 

パスワード等の接続情報の変更

環境ごとに接続情報は違うと思いますので、皆さんの環境の情報を設定してあげてください。
具体的に以下の通り設定していけば問題ないはずです。

接続情報 説明
HOST 接続先のIPアドレス or ドメイン名 を設定してください。自分のPCだとlocalhostで問題ありません。
PORT ポスグレが使用しているポートを記載してください。デフォルトだと「5432」になります。
DBNAME 接続したいデータベースの名前を設定してください。
USER ログインするときに使用するユーザ名を設定してください。
PGPASSWORD ログインするユーザのパスワードを設定してください。

設定を修正したらテキストエディタから保存してください。

バッチファイルを起動

バッチファイルをダブルクリックして起動してください。

psql (12.2)
"help"でヘルプを表示します。

db01=#

このように接続できました。

以上になります。毎回コマンドプロンプトから接続コマンドを打っていましたが、これでかなり作業負荷が減りました。
 

【関連ページ】
・PostgreSQLのダウンロードとインストール
 https://yu-report.com/entry/postgreSQL

・PostgreSQLのデータベース作成とテーブル作成
 https://yu-report.com/entry/postgresqlMakeTbl

・PostgreSQLの基本コマンド
 https://yu-report.com/entry/postgresqlCommand

・PostgreSQLでJSONデータ型を作成する
 https://yu-report.com/entry/postgresqlJson