SIerとWeb系の違いは?現役エンジニアが徹底比較!

仕事・転職

これからIT業界を目指す人や、既にIT業界に居る方でSIerからWeb系に転職を検討している方など、SIerとWeb系の違いがあいまいな方が多いと思います。

本記事では現役エンジニアである筆者がSIerとWeb系の違いを徹底比較してます。

IT業界に興味のある方や、転職活動中で自分がどっちが向いているか自己分析している方は是非最後までご覧ください。

 

SIerとWeb系の違い

同じエンジニアといえどSIerとWeb系は大きな違いがあります。なぜかというとそもそもSIerとWeb系ではビジネスモデルが根本から違うからになります。ここではSIerとWeb系の特徴や違いについて詳しく解説していきます。

SIerは他社のシステムを請負い開発する

SIerは請負開発として他社のシステムを開発することが多いです。金融や公共事業などでシステム開発する際にSIer企業がその開発を請け負い・要件定義から開発~運用保守まで一任します。

Web系は自社のサービスを開発する

Web系のエンジニアは自社サービスの開発~運用保守を行う人を指します。自社で展開しているサービスを、外注せずに自社内にエンジニアを抱えて開発をしていく形になります。

 

SIerとWeb系の項目別の違いを知ろう

SIerとWeb系の企業としての違いは簡単ですが、実際にエンジニアとして働く上で具体的のどのようなことが違うのか、項目別に徹底比較してみます。

給与面

ITエンジニアの業種別の平均年収(doda調べ)ではSIerは平均445万円、ネット/Web系は平均441万円と差はそこまでありません。

ただ、職種的にはプロジェクトマネジャーが一番高く平均664万円であり、SE/プログラマが417万円になります。

IT業界では業種に問わず高い給与を得やすいのはプロジェクトマネージャということが言えます。

 

開発手法

開発手法はSIerは要件定義/設計/製造/テストと工程を1つずつ消化していくウォーターフォールモデルが一般的です。

Web系は小さいモジュール単位で実装しリリースしてくアジャイル開発が多いです。SIerはリリースまで1年かけることもありますが、Web系だと1ヵ月ごとにリリースしてシステムの機能追加や改善をしていくことが多いです。

 

使用技術

SIerは受託開発のためリスクが取りづらく、oracleが公式にサポートしているJavaなど実績がある言語が多いです。

一方Web系はPythonやGo、Reactといったモダンな技術を採用する傾向になります。また納品して終了のSIerと違い、リリース後も日々改善が求められるWeb系はCICDなどのDevOps環境にも積極的なのも特徴です。

 

キャリアパス

SIerの社員は基本的にPGは担当せずに、SEとして要件定義~設計がメインタスクになります。その後SE→PMとしてパートナー管理やプロジェクト管理などがメインタスクになるのが一般的です。

Web系だと要件定義から設計・実装・リリースまで行うことが多く、キャリアパスにはPL/PMの他に技術に特化したテックリードといったポジションがあります。

 

安定性

SIerは複数の大口顧客から開発案件を受注し、ある程度収益の見込みが立つため安定しています。一方Web系は展開しているサービスに会社の業績が大きく左右されるため、あまり安定しているとは言えないでしょう。

一方で開発者の人月(リソース)が前提のビジネスモデルのSIerと比べ、Web系はサービスが急成長することも多々あり、SIerでは考えられないような粗利率を達成している企業も多々あります。

  

転職するならエージェントを利用しよう

転職する際は転職エージェントに登録するのが一般的です。また、直近転職する予定がなくても企業の情報収集として転職サイトを使用可能ですので、ひとまず登録するのをおすすめします。

doda(デューダ)レバテックキャリアは業界大手でおすすめです。

doda(デューダ)

国内大手エージェントであるdodaは非常にIT転職求人が多く非常におすすめできます。

doda が選ばれる理由としては以下の点が挙げられます。

  • 3万件以上の豊富なIT系求人
  • 業界専任のキャリアアドバイザー
  • 企業との交渉もお任せできる

チェックポイント

年収600万以上・残業20時間未満・大手企業求人手数・社内SE求人多数 といった転職者に人気のある求人が多数あります。

  

↓ 無料会員登録はこちら

doda(デューダ)
に登録して求人を確認する
※まずは登録して求人を検索してみましょう!
※あなたにピッタリの会社が見つかります

  

レバテックキャリア

ITエンジニアが利用したい転職エージェントNo.1 に選ばれる レバテックキャリアは、ITエンジニア経験者専門の転職エージェントです。

レバテックキャリア が選ばれる理由としては以下の点が挙げられます。

  • 年収アップ率77%
  • サービス利用者数20万人突破
  • 8割以上が年収600万円以上の求人
  • 大手IT企業からWeb系企業、スタートアップまでを幅広く網羅

チェックポイント

今より年収を上げたい方、大手企業に就職したい方はハイクラス求人に特化してるレバテックキャリアがおすすめです。

  

↓ 無料会員登録はこちら

レバテックキャリア
に登録して求人を確認する
※まずは登録して求人を検索してみましょう!
※あなたにピッタリの会社が見つかります

 

転職エージェントは複数登録すると企業の選択肢が増えるので、両方登録することをおすすめします。

タイトルとURLをコピーしました