最大56万円の給付金!おすすめプログラミングスクール3選⇨

SIerからWeb系エンジニアへ転職方法|実際の経験談から徹底解説

仕事・転職

SIerの転職先としてWeb系企業は人気の転職先の1つになっております。

筆者は実際にSIerで勤務してますがWeb系企業の内定を取得しました。今回はその経験を元に全手順を公開します。

本記事では以下の内容を解説していきます。

  • SIerからWeb系に転職理由
  • 転職活動の事前準備
  • 転職活動の内容や対策

ぜひWeb系企業に転職を考えている方や、転職に興味がある方は最後までご覧ください。

 

転職時点の筆者のプロフィール
・大手SIer7年勤務
・Webアプリ開発の全工程を一通り経験
・Javaによるサーバーサイドの開発が得意
・7名程のプロジェクトのリーダ経験あり

  

転職サイトに登録して無料キャリア相談してみよう!
  1. レバテックキャリア

    8割以上が年収600万円以上の求人!大手企業希望・年収を上げたい方は登録

    8割以上が年収600万円以上の求人で、今より年収を上げたい方、大手企業に就職したい方はハイクラス求人に特化してるレバテックキャリアがおすすめです。

  2. Geekly

    IT・WEB・ソーシャルゲーム業界ならGeekly!業界特化の知見や求人を保有

    IT・WEB・ソーシャルゲーム業界ならGeeklyがおすすめ。業界特化だからこその知見や求人件数の多さが強みで、市場価値を高め活躍出来る転職に定評があります。

  3. doda

    IT求人数も3万件を突破!残業20時間以下、社内SEや大手企業の求人多数

    IT求人数も3万件と国内最多件数であり、年収600万以上・残業20時間未満・大手企業求人手数・社内SE求人多数といった転職者に人気のある求人が多数あります。

 

SIerからWeb系へ転職する理由

まず、SIerからWeb系に転職する人の動機はどのようなものがあるのでしょうか?一般論や筆者の経験踏まえ説明させてください。
 

SIerとWeb系の違い

簡単にSIerとWeb系は以下の違い・特徴がございます。

SIer企業

SIerは顧客からのシステム開発を請負する企業になるため、技術力よりはマネジメント力や調整力をもってプロジェクト推進するのが主な役割にります。

Web系企業

一方でWeb系企業は、自社ITサービスがそのまま商品価値としてお金を生むため、技術力をもって競合他社と優位性を確保するための最新技術の導入などが主な役割となります。
 

SIerとWeb系は同じエンジニアとして働いていても求めれるスキルは違います。そのため将来のやりたいことのアンマッチから転職する人が増えています。

 

  

Web系に転職する理由

SIerに勤めている人がWeb系に転職する理由としては仕事内容に起因して生じる差にはなります。

具体的には以下の内容が挙げられます。

  • モダンな技術・環境で開発しスキルアップしたい
  • クライアントやパートナー管理ではなく1技術者として生きていきたい
  • ユーザの反応のフィードバックを得ながらオーナーシップを持って開発したい

このように自分自身でモノづくりをするのが好きな人で、言われたことを開発するだけでなく、何を作るかまで意見を言える環境で開発したい人はSIerではなくWeb系企業の方が向いてます。

  

SIerが向いている人の特徴

一方でSIerは今でも新卒の人気就職先上位であり、平均勤続年数もWeb系より全然長く良い職種です。

SIerが向いている人の特徴は以下の点があります。

  • 技術に興味があるけどマネジメント業務、顧客折衝などが好き
  • 色々な顧客や業界のシステムの開発をしたい
  • システムを0から開発することに携わりたい

また、あえて挙げませんでしたが、給料や福利厚生、安定性があるのもSIerの特徴であり、長く働ける大企業が多いです。

筆者はクライアントワークマネジメントに疲弊してる中、モダンな環境へ憧れやスキルアップに対する焦りから転職活動して内定を頂きました。結局SIerの上記の利点や給料面などを考え内定辞退しました。

 

転職サイトに登録して無料キャリア相談してみよう!
  1. レバテックキャリア

    8割以上が年収600万円以上の求人!大手企業希望・年収を上げたい方は登録

    8割以上が年収600万円以上の求人で、今より年収を上げたい方、大手企業に就職したい方はハイクラス求人に特化してるレバテックキャリアがおすすめです。

  2. Geekly

    IT・WEB・ソーシャルゲーム業界ならGeekly!業界特化の知見や求人を保有

    IT・WEB・ソーシャルゲーム業界ならGeeklyがおすすめ。業界特化だからこその知見や求人件数の多さが強みで、市場価値を高め活躍出来る転職に定評があります。

  3. doda

    IT求人数も3万件を突破!残業20時間以下、社内SEや大手企業の求人多数

    IT求人数も3万件と国内最多件数であり、年収600万以上・残業20時間未満・大手企業求人手数・社内SE求人多数といった転職者に人気のある求人が多数あります。

 

転職活動を開始する前の準備

転職活動の内容を各フェーズごとに詳細に記載していきます。
 

事前準備

転職活動前に事前に準備した内容は以下の通りです。

履歴書・職務経歴書

履歴書と職務経歴書の指定は特にありません。インターネットから適当にダウンロードして書きやすいようにダウンロードしても大丈夫です。

<参考:ダウンロード先>
履歴書
職務経歴書

履歴書の写真は書類選考の印象にも関わるので、町のカメラ屋さんなどで撮ってもらうと良いでしょう。当日いきなり行っても、3000円くらい払えば、30分ほどでデータや実物の受け渡しをやってくれます。
 

自己分析や志望動機の整理

自己分析や志望動機の整理をしましょう。
以下の点は事前に整理してメモ帳などに記載しておくといいでしょう。

・転職する理由
・転職先を選ぶ軸
・開発の経験や強み
・今後のキャリアプラン

ただ、最初から完璧なものは不要で、企業研究や面接の都度で言語化したりブラッシュアップしてより明確な内容にしていけば良いです。
 

転職サイトへ登録

転職活動は主にエージェント方式とダイレクトリクルーティング方式の2極化しております。

エージェント方式

エージェント方式は一般的な転職方法です。転職エージェントに登録して、担当のエージェントが応募企業の紹介や面接の段取りなどすべて行ってくれます。

筆者も利用したおすすめエージェントだと
doda
ギークリー
レバテックキャリア
がございます。

エージェントは応募企業との調整や、履歴書や職務経歴書のアドバイスや添削、面接対策も行ってくれます。
 

ダイレクトリクルーティング方式

ダイレクトリクルーティング方式は、応募者がWebサイトに自身の経歴などを登録し、エージェントを介さずに企業が担当者が直接スカウトをしてくる方式になります。

筆者利用したおすすめサービスだと
・ビズリーチ
・リクルートダイレクトスカウト
がございます。

ダイレクトリクルーティング方式は登録するだけで自分の知らない企業からのスカウトや市場価値を知ることができ、カジュアル面談をしてから応募するか決めれます。

ダイレクトリクルーティング方式は転職するつもりがなくても市場価値知るために登録する人も多いです。

エージェント方式もダイレクトリクルーティング方式も併用可能なので、本気で転職活動するのであれば、どちらも登録するのがおすすめです。

  

転職サイトに登録して無料キャリア相談してみよう!
  1. レバテックキャリア

    8割以上が年収600万円以上の求人!大手企業希望・年収を上げたい方は登録

    8割以上が年収600万円以上の求人で、今より年収を上げたい方、大手企業に就職したい方はハイクラス求人に特化してるレバテックキャリアがおすすめです。

  2. Geekly

    IT・WEB・ソーシャルゲーム業界ならGeekly!業界特化の知見や求人を保有

    IT・WEB・ソーシャルゲーム業界ならGeeklyがおすすめ。業界特化だからこその知見や求人件数の多さが強みで、市場価値を高め活躍出来る転職に定評があります。

  3. doda

    IT求人数も3万件を突破!残業20時間以下、社内SEや大手企業の求人多数

    IT求人数も3万件と国内最多件数であり、年収600万以上・残業20時間未満・大手企業求人手数・社内SE求人多数といった転職者に人気のある求人が多数あります。

 

転職活動のおすすめ手順

事前準備と転職サイトへの登録が完了したら、転職活動を開始できます。ある程度の密度で転職活動をすると以下の日程で進めむことが多いです。

  1. 転職活動<情報収集>:0.5ヶ月〜1.5ヶ月
  2. 転職活動<積極応募>:1.0ヶ月〜2.0ヶ月

最短で2ヶ月以内に内定を取得する人もいます。しっかり準備し手順を踏めば3ヶ月〜4ヶ月くらい内定取得するまでに時間がかかることが多いです。

 

転職活動<情報収集>

個人的、情報収集はダイレクトリクルーティング方式のサイトに登録して届くスカウトを確認し、興味がある企業やポジションがあればカジュアル面談してみるのが良いと思います。

筆者も6、7社ほどカジュアル面談しましが、面接要素はあまりなく、仕事内容や待遇など率直に聞くことができます。

実際に自分がどう思われるかや外部のエンジニアと会話することで、仕事内容の解像度が上がるのでおすすめです。

もし本当に応募したい企業だと思えば、カジュアル面談後に正式に応募の意思を伝え本選考に申し込むのも良いと思います。

ただ、本気で転職活動を行う場合、多くの企業へ応募・調整が必要なので、転職エージェントに頼らないと相当厳しいです。

もしご縁があってピンと来るようなオファーがもらえた場合は、そのまま転職活動を終了しても良いと思います。

 

転職活動:<積極応募>

情報収集が終わり自分の転職の軸や希望企業のスクリーニングが完了したら積極的に行動する期間を作りましょう。

ダイレクトリクルーティング方式でカジュアル面談後に応募したい企業が見つかれば、転職エージェント経由の企業選考と時期を合わせる形で選考しましょう。

転職活動は同時に複数の内定を受領し、条件面などを比較した上で転職するのか現職に留まるのか判断するのが理想なので、短期に集中して活動するのがおすすめです。

 

転職エージェントと面談開始

繰り返しになりますが、転職活動は本気でやるのであれば、面倒な調整やアドバイス、職務経歴書の添削まで行なってくれる転職エージェントを使用すべきです。

エージェントはIT特化したものがおすすめです。担当者は選べないので、まずは各社面談して自分につく担当者に転職の軸や希望する企業について相談しましょう。
 

おすすめエージェント

  

転職エージェントの選別

重要なポイントですが、転職エージェントは同じサービスでも担当者次第で質にばらつきがあります。

最初に面談した人の印象が悪かったり、候補先企業のライナップをみて、自分の希望が反映されてなければ他のサービスに登録しましょう。

2社以上は登録して面談してみて、信頼できる1人を見つけてから積極的に応募していくことをおすすめします。

エージェントは担当者の力量によって当たり外れがあります。自分の希望と合わない候補先を紹介してくる場合は、他の転職エージェントに切り替えましょう。

  

積極的に応募する

転職エージェントが決まれば積極的に応募していきましょう。これから記載する内容の調整はすべてエージェントが行なってくれるのでご安心ください。

大体10社くらい候補を作り、第1志望群と第2志望群に分けて、まずは第1志望群を同時に選考し、不合格企業が出る度に第2志望群から補充していく戦略がおすすめです。

もし本命企業があるのであれば、第1志望群の終盤に面接日程がくるようにしましょう。面接していく中で、印象の良い回答を覚えたり、面接自体に慣れることができます。

 

 

退職するまでが転職活動

無事内定が出て承諾する場合は入社時期の調整が必要になります。すぐに退職交渉を現職の上司に申し出ましょう。
 

退職時期を相談する

オファー面談時にいつ頃の入社が可能か?と聞かれますので現職と調整しながら時期を回答する必要があります。

法律では2週間前までの申し出で退職可能ですが、労働規則で1ヶ月前としてる企業もあります。現場の引き継ぎもあると思うので、余裕をもって2ヶ月先で調整できると良いでしょう。

有給も消化してから退職するのがおすすめです。転職前にリフレッシュも兼ねて長めの休みをとれるように調整する人も多いです。

  

最後に:転職しなくても転職活動はすべき

転職はしなくてもいいので転職活動を経験するのは大事に思います。例え内定が貰えなくても失うものは何もありません。

自分の市場価値や新たにやりたいこと、現職の良さや悪い面も精査することができ、改めて自分自身のキャリアを考えるきっかけになるからです。

まずは情報収集からでも良いと思いますし、キャリアの棚おろしだけでも良いと思うので、整理してみるのがおすすめです。

とはいえやはり自分の考えを整理するために転職エージェントがおすすめです。

転職エージェントは無料なので、自分の思考の壁打ちに使えるのと、客観的な市場価値を把握できるので登録しておくといいでしょう。

   

まずは転職エージェントに登録してみよう

直近転職する予定がなくても企業の情報収集やキャリア相談の用途として転職サイトを使用可能です。登録必須のエージェントをご紹介しますので、未登録の方はチェックしておきましょう。
 

転職エージェントを利用するメリット
  • 独自の非公開求人を多数保有している
  • 面接の日程調整企業との条件交渉が不要
  • 履歴書・職務経歴書の添削・面接対策可能
  • 求人票にない社内情報企業風土が知れる
  • 無料でキャリア相談・市場価値のアドバイス

転職する際に転職エージェントは必要不可欠です。登録したからといって転職する必要はなく、まずはキャリア相談だけする人がほとんどです。

 

ハイクラス転職なら「レバテックキャリア」

エージェント
レバテックキャリア
タイプITエンジニア専門エージェント
求人数IT求人が7000件以上
特徴年収アップ率80%・利用者数20万人突破・年収600万円以上の求人8割以上
おすすめPoint!
  • ITエンジニア専門エージェントであり、求人の8割が年収600万円以上と年収を上げたい人におすすめ。利用者も20万人突破している人気エージェント。
  • 上流工程、大手案件、自社開発、新規開発など目標企業への「内定の決め手」を専門コンサルタントが無料でアドバイスしてくれます。
無料会員登録はこちら
レバテックキャリア
に登録して求人を確認する
まずは登録して求人を確認してみましょう!

 

 

IT・Web・ゲーム業界なら「Geekly」

エージェント
Geekly(ギークリー)
タイプIT・Web・ゲーム業界特化の転職エージェント
求人数IT求人が17000件以上
特徴業界特化・年収アップ率77%・書類選考通過率3.4倍
おすすめPoint!
  • ギークリーは業界特化だからこその知見や求人件数の多さが強みの転職エージェントです。各業界の専任のキャリアコンサルタントがカウンセリングを行い最適な求人が紹介されます。
  • 希望を元に業界トップクラスの求人数から最適な求人をご紹介。マッチング精度が高く書類通過率・決定率が業界随一です。
無料会員登録はこちら
Geekly(ギークリー)
に登録して求人を確認する
まずは登録して求人を確認してみましょう!

 

 

幅広い求人から探すなら「doda」

エージェント
doda(デューダ)
タイプ統合型転職エージェント
求人数IT求人が4万件以上
特徴業界最大の求人数・大手SIer/社内SE/Web系と幅広い求人
おすすめPoint!
  • IT求人数は4万件以上を誇る業界大手の転職エージェントです。幅広い業界やポジションが紹介可能のため、まだ明確にキャリアビジョンが描けてない人におすすめ。
  • 年収600万以上・残業20時間未満・大手企業・社内SEといった転職者に人気のポジションなど幅広い提案が可能です。
無料会員登録はこちら
doda(デューダ)
に登録して求人を確認する
まずは登録して求人を確認してみましょう!

タイトルとURLをコピーしました