tech boostは働きながら受講可能?【現役エンジニアが解説します】

プログラミングスクール

プログラミングスクールに通いたいけど働きながらは厳しい?

こういった疑問にお答えします。

本ページに訪問している方は

  • プログラミングスキルを身に着けたい方
  • 仕事をしながらプログラミングスクールに通いたい方

が多いのではないでしょうか。

今回は

tech boostという働きながら通うのにおすすめなプログラミングスクール

をご紹介したいと思います。

実際に働きながら通う際にイメージが掴めると思うので是非最後までご覧ください。

 

↓ 現在は無料説明会中ですので気になった方は訪問してみてください。

Tech Boost
無料説明会はこちら
※無料説明会はいつ終わるかわかりません。
※興味ある方はお早めに申し込むことをおススメします。

※当ブログは2021年6月の情報を元に記載しております。最新の情報は公式ページでご確認または無料相談でお問い合わせください。

スポンサーリンク

tech boost(テックブースト)の特徴

まずはtech boostの特徴を簡単にご説明したいと思います。

 

各コースの受講料

以下の2コースがございます。転職希望でしたらブーストコースになるとお考えください。

  • スダンダードコース:¥126,500
  • ブーストコース¥219,780

スタンダードコース

カリキュラムに沿って、ログイン機能や投稿機能など一般的なサイトにある機能を持ったWebアプリケーションを作成していきます。プログラミングをまずは触ってみたいという方におすすめです。

ブーストコース

自分自身でアイデアを出し要件定義を行なって、オリジナルWebアプリケーションを作成していきます。ポートフォリオとしても使用できるため、 エンジニア転職やフリーランスを目指している方におすすめです。

 

コース共通の料金

  • 基本月額料金¥32,780/月
  • 教室利用¥22,000/月(教室希望者)

選べる受講期間

それぞれの1日の学習時間に合わせた受講期間の選択が可能です。
また1ヶ月ごとに延長も可能なので、受講期間内に終わらなかった場合も月額料金のみで満足いくまで学習を続けることが可能です。
基本、受講期間は3、6、12ヶ月で選択します。

選べる学習スタイル

オンラインがおすすめな人

  • 自宅やカフェで学習したい
  • 移動時間を気にせず効率的に学習したい
  • 渋谷から遠く通学が困難

教室がおすすめな人

  • 教室メンターに直接教えてほしい
  • 教室で集中して勉強したい
  • 一緒に勉強を進める仲間が欲しい

     

メンタリングオプション

以下から選択します。

  • 4回/月:¥34,760/
  • 6回/月:¥52,140/
  • 8回/月:¥69,520/

マッチングした現役エンジニアが、1回1時間で学習をフルサポートするサービスです。
メンターの必要度合いに応じて回数を選べます。

  

↓ 現在は無料説明会中ですので気になった方は訪問してみてください。

Tech Boost
無料説明会はこちら
※無料説明会はいつ終わるかわかりません。
※興味ある方はお早めに申し込むことをおススメします。

  

 

tech boost(テックブースト)は働きながら通える理由

実際にtech boost(テックブースト)に働きながら通う場合にどのようなイメージになるかご紹介したいと思います。

 

受講時間の目安は合計300時間

まず、Techboostの受講時間の目安は

合計約300時間

になります。

ただ、全段の特徴で記載した通り期間は自由に選ぶことができます。

仮に3カ月の期間を確保した場合、ポテパンキャンプの一週間あたりの受講時間は

20時間 (1週間あたり)

になります。

平日は仕事があると思うので、現実的な時間配分としては以下のような感じでしょうか。

  • 平日:2時間
  • 土日:6時間

もちろん平日が仕事が忙しい方は土日にがっつり10時間とか時間確保しても問題ありません。

また、期間は自由に延長可能ですので、途中から仕事が忙しくなった場合などは1ヵ月単位で延長が可能です。

この辺は社会人にとっては大変ありがたいシステムになってますね。

  

オンライン受講環境が充実している

社会人は忙しいと思いますので、仕事後にわざわざ移動するのは時間的にも体力的にも厳しいと思います。

tech boostはオンライン受講可能ですので、時間の有効活用が可能です、

また、オンライン受講でもメンターがチャットや面談でしっかりサポートしてくれるので安心できます。

メンターは

  • 現役エンジニア
  • フリーランスエンジニア
  • tech boostの社員

のみあり、現場レベルのアドバイスを貰えたり、転職後の現場の話も聞けると思うので、非常におすすめできます。

 

↓ 現在は無料説明会中ですので気になった方は訪問してみてください。

Tech Boost
無料説明会はこちら
※無料説明会はいつ終わるかわかりません。
※興味ある方はお早めに申し込むことをおススメします。

 

   

   

今すぐIT転職をすべき3つの理由

IT転職はしたいけどなかなか踏ん切りがつかないな~

そんな方々向けにIT転職の魅力を少しご紹介したいと思います。
  

IT人材の不足により需要増

下記は経産省が発表しているレポートになります。(経産省レポートはこちら

「IT人材不足数」と「供給人材数」の見通しになりますが、圧倒的に今後「IT人材の不足」が予測されてます。

つまり年を追うごとに

需要 >>> 供給

という状態が拡大するということです。

現在、エンジニアの求人倍率は7倍以上といわれており、2030年には約79万人のIT人材不足が予想されています。

つまり高い技術さえ身につければ、今後のキャリアに困ることはほとんど無くなり、その先に無数のキャリアパスを選ぶことができます。

 

他職種と比較して年収が約110万円以上高い

現時点でエンジニアの給与水準は他業種に比べ高くなっています。

なんと国内の全体平均年収と比較すると

約110万円高い

結果が出ています。

過去5年間の推移を見ても

平均年収が550万円を超える高い水準

をキープしているため、給与水準の良い職業と言えます。

そして、これからIT人材の不足は更に加速していくため、今後も待遇の改善がされていくことが予想できますね。

今、ITスキルを身に着けておくべきだと強く思います。

[参考]厚生労働省「賃金構造基本統計調査」2019年(参照2021-1-13)

 

時間と場所を選ばない

コロナをきっかけにテレワークをしている企業が増えてきました。

とはいえテレワークできない業種もあると思いますが、IT企業はテレワークを対応している会社がかなり増えてます。

現在、テレワークに対応している割合は

70%超え

となっており、時間と場所に囚われない働き方が可能なことが多いです。

エンジニアは他職種と比べて、テレワークに対応している割合は

約30%以上も高い

結果となってます。

そのため、エンジニアとしてのスキルを身に付けることで自由な働き方を実現できます。

[参考]経済産業省 「 IT 人材需給に関する調査」2019年(参照2021-1-13)

  

↓ 現在は無料説明会中ですので気になった方は訪問してみてください。

Tech Boost
無料説明会はこちら
※無料説明会はいつ終わるかわかりません。
※興味ある方はお早めに申し込むことをおススメします。

  

 

tech boost(テックブースト)に「働きながら通う」まとめ

今回はtech boostに働きながら通うことが可能かどうかをまとめてみました。

色々調べたけど、やっぱりまだ迷うな~

このように今現在もプログラミング教室に行くか迷っている方や、他のスクールと迷っている方など、まだ決断できない方は多いと思います。

結論から言うと焦って決める必要はありません。

というのもtech boostは無料説明会実施中ですので、まずは話だけ聞いてみるのが良いと思います。

ひとまず面談に行く人は多いみたいです。

 

↓ 現在は無料説明会中ですので気になった方は訪問してみてください。

Tech Boost
無料説明会はこちら
※無料説明会はいつ終わるかわかりません。
※興味ある方はお早めに申し込むことをおススメします。

   

無料なので損することはありませんし、まずは色んなスクールの説明を聞きにいくのが良いと思います。

以上です。

タイトルとURLをコピーしました