【テックアカデミー】データサイエンスコースの特徴や最新レビューを徹底解説

Tech Academy

テックアカデミーはデータサイエンスコースの評判や料金は?また国の助成金の対象になるの?

こういった疑問にお答えします。

今回は現役エンジニアで数多くの現場を経験した私がテックアカデミーのサイエンスコースについて解説します。

本記事では以下の内容をまとめてます。

  • テックアカデミーのAIコースについて
  • 給付金により7割引される制度について
  • 実際の受講者の評判

3分ほどで読み終わりますので是非最後までご覧ください。

  

↓ 無料相談に参加したい方はこちら

TechAcademy(テックアカデミー)
無料カウンセリングはこちら
※無料カウンセリングはいつ終わるかわかりません。
※興味ある方はお早めに申し込むことをおススメします。

  

※当ブログは2021年7月の情報を元に記載しております。最新の情報は公式ページでご確認または無料相談でお問い合わせください。

  

スポンサーリンク

テックアカデミー(TechAcademy)データサイエンスコースの特徴

テックアカデミーのデータサイエンスコースの特徴について説明します。

 

スクールの概要

まずはテックアカデミーがどのようなスクールなのか簡単に説明します。

オンラインに特化したスクール

オンラインに最適化したコースを提供し、ネット環境があればいつでも学習することができます。過去の受講生は30,000名を越えており、全国各地、海外に在住の方も多く受講しています。

 

現役エンジニアのパーソナルメンター

通過率10%を突破した現役エンジニアだけが学習をサポート。現役エンジニアだからこそ、転職後の活躍まで見据えたリアルなプログラミングを学ぶことができます。

 

転職活動を徹底サポート

国内最大級の1000社以上の未経験者向け求人をかかえています。専属のキャリアカウンセラーがカウンセリングを行い、あなたに合った求人を案内して転職決定までサポートいたします。

 

挫折しないパーソナルメンター制度

学習時の「わからない」「続かない」を解消し、挫折をなくします。第一線で活躍するメンターによるサポートで確実に成長できます

週2回のマンツーマンメンタリング

パーソナルメンターと1回30分のビデオチャットで質問、ペアプログラミングなど最適なサポートが受けられます。

毎日15時〜23時のチャットサポート

メンターが毎日8時間常時オンラインで待機してるので疑問点を聞けばチャットですぐに回答がもらえます。

回数無制限の課題レビュー

書けるようになるまで何度でも課題レビュー可能です。

 

データサイエンスコースとは

具体的には以下のようなコースになっております。

  • 1人では続かない方のためのパーソナルメンターがつく学習プログラム。
  • 週2回マンツーマンでのメンタリング、毎日15〜23時のチャット・レビューサポート
  • 短期間でPythonを使って様々なモデルを構築し、データ分析を行うプログラム
  • 統計学の基礎やPythonで実際に分析する方法まで習得することができる

データサイエンス学習に必要なことがオンラインで学習可能です。

具体的には以下に当てはまる方にはおすすめできるプログラムになっております。

  • 統計学を基礎から学びたい方
  • Pythonのライブラリを使用して実装を行いたい方
  • データサイエンティストとして活躍したい方
  • 時間と場所にとらわれない働き方をしたい方

当てはまる方は非常におすすめですので是非無料カウンセリングで話を聞いてみてください。

 

↓ 無料相談に参加したい方はこちら

TechAcademy(テックアカデミー)
無料カウンセリングはこちら
※無料カウンセリングはいつ終わるかわかりません。
※興味ある方はお早めに申し込むことをおススメします。

  

データサイエンスコースで取得できるスキル

データサイエンスコースでは以下の統計学の基礎・データ分析の手法を習得できます。

  • 区間推定、仮説検定による母集団の検証:乱数データを用いて古典的統計解析手法を習得(t検定)
  • 住宅価格の予測:統計モデリングの基礎を習得
  • サッカーの勝敗予測:ポアソン回帰により一般化線形モデルの基礎を習得
  • オリジナルのデータ解析:公開されているデータセットを使ってデータ解析

いずれもPythonのライブラリを使って実装を行います。実務に近い形で学習することで、社会でも通用するスキルが身につきます

 

短期間で結果を出すカリキュラム

あなたの現在の実力をもとに、もっとも効果的で無駄のないトレーニングメニューを設定します。

パーソナルメンターのメンタリングとオリジナル学習システムで目標到達まで最短距離で進みます。

具体的に以下の言語やライブラリが学べるコースになっております。

Python:機械学習でよく使われる言語で、機械学習系のライブラリが充実しています。

Pandas:Pythonのライブラリで、データの集計・分析を行う際に利用されています。

NumPy:数値計算を効率的に行うためのライブラリです。

scikit-learn:Pythonで書かれたオープンソース機械学習ライブラリで、回帰分析やクラスタリングなどロジックを実行できるようになります。

 

↓ 無料相談に参加したい方はこちら

TechAcademy(テックアカデミー)
無料カウンセリングはこちら
※無料カウンセリングはいつ終わるかわかりません。
※興味ある方はお早めに申し込むことをおススメします。

  

テックアカデミー(TechAcademy)のデータサイエンスコースの料金について

テックアカデミーのデータサイエンスコースは給付金対象となっております。各料金についてご説明します。

 

料金一覧

各コースを紹介していきます。すべて税別価格ですのでご注意ください。

すべて給付金対象コースになっており、条件を満たせば70%OFFした料金で受講可能です。

データサイエンスコース

  • 8週間 :199,000円 → 59,700円
  • 12週間:249,000円 → 74,700円
  • 16週間:299,000円 → 89,700円

Python+データサイエンスセット

  • 8週間 :268,000円 → 80,400円
  • 12週間:308,000円 → 92,400円
  • 16週間:348,000円 → 104,400円
  • 24週間:438,000円 → 131,400円

Python+AI+データサイエンスセット

  • 24週間:479,000円 → 143,700円

 

各コースはいずれも右側の70%OFFした料金で受講することが可能です。

 

給付金・補助金について

給付金制度は厚生労働省から受講料の70%が還付される制度になります。

テックアカデミーは15コースが認定されたため、この給付金制度を利用できます。今回ご紹介するデータサイエンスコースは給付金の対象になってますのでご安心ください。

プログラミングスクールに通うのであればこの給付金制度を利用しないともったいないのでぜひ知っておいてください。

 

テックアカデミーの給付金制度について詳しく知りたい方はこちらの記事もご参照ください。

↓ 無料相談に参加したい方はこちら

TechAcademy(テックアカデミー)
無料カウンセリングはこちら
※無料カウンセリングはいつ終わるかわかりません。
※興味ある方はお早めに申し込むことをおススメします。

  

給付金対象のプログラミングスクール

 

  

テックアカデミー(TechAcademy)データサイエンスコースの評判

では実際の受講者の評判を紹介します。

ネット上のコメントを拾ってますので、実際の受講者の客観的な評価をご覧ください。

  

テックアカデミーの良い評判

まずは良い評判を見ていきましょう。

短期集中で学習する方が身につく

独学はかなり難しいし、サポートが無いと前に進めないことが多い。厚めの参考書を読んだり書いたりして何となくできたと満足しているよりは短期集中で学習する方が身につくと感じました。

 

パーソナルメンターが熱心だった

パーソナルメンターが熱心だったので、それに応えないといけないという気持ちがわいてきました。次のメンタリングでなんとかできましたよっていう報告ができないと申し訳ないという気持ちで頑張りました。

 

現役のプロのメンターがいつも親身

テックアカデミーは1人で学習していると解決できないようなつまずきや、些細な疑問に対しても現役のプロのメンターがいつも親身に答えてくれて私でも理解できました。

 

マイルストーンが細かい設定が良い

カリキュラムが基礎をずっと勉強するのではなく、基礎を元に成果物を作るというマイルストーンが細かく設定されていたので、開発できた時の達成感がありました。先の目標が見えたのがすごくよかったです。

 

メンタリングが学習を続ける上でいい緊張感

【テックアカデミー(データサイエンスコース)】 メンタリングについての所感

質問内容を整理する目的で、メンタリング前に復習する時間が、一番集中している気がします

メンタリングが学習を続ける上で、いい緊張感を保つのに、とても役立っています

 

評判として特にメンターが良いというコメントが多かったですね。

また、短期集中でマイルストーンが細かく設定されているため、しっかりとスキルを取得できるという意見がありました。

 

悪い評判

悪い評判も探したのでご紹介します。

数学的な意味の理解が難しい

回帰モデル使うだけなら大した理解いらんのだろうが、 数学的な意味を理解となると難しいなー 楽しいけど理解の参考になる本かサイトが欲しい

 

頭を抱える回数が格段に増えている

データサイエンスコース入ってから頭を抱える回数が格段に増えています。ほぼほぼ数学と統計学の勉強。やっと理解できてきたと思っても、さらにこれをpythonで実装する作業が慣れなくて最終的に今何やっているかわからなくなる

  

難しいと感じる方や簡単と感じる方がおり様々な意見がありました。

実際に無料カウンセリングで現在の自分のスキルとコース内容がマッチしているか相談してみることをおすすめします。

 

↓ 無料相談に参加したい方はこちら

TechAcademy(テックアカデミー)
無料カウンセリングはこちら
※無料カウンセリングはいつ終わるかわかりません。
※興味ある方はお早めに申し込むことをおススメします。

  

 

テックアカデミー(TechAcademy)データサイエンスコースの評判や料金のまとめ

今回はテックアカデミーを70%OFFで通う方法についてご紹介しましたがいかがでしたか。 

テックアカデミーのデータサイエンスコースは給付金対象のため非常にお得に通うことができます。(いつ給付期間が終わるかわからないのですぐに申し込むことを推奨します。)

現在もテックアカデミーに通うか迷っている方

悩んでいても何も変わりません。生涯のスキルを手に入れて現状を変えましょう。

まずは無料カウンセリングに参加して話を聞いてみましょう。無料なので損することはありません。

プログラミングスクールは値上げが相次いでいるため、お早めに申し込むことをおすすめします。

 

↓ 無料相談に参加したい方はこちら

TechAcademy(テックアカデミー)
無料カウンセリングはこちら
※無料カウンセリングはいつ終わるかわかりません。
※興味ある方はお早めに申し込むことをおススメします。

  

給付金対象のプログラミングスクール

 

タイトルとURLをコピーしました