【知らないと損】テックアカデミーの給付金対象コースの料金を解説【全15コース】

プログラミングスクール

テックアカデミーは給付金が貰えるの?お得に通う方法があれば知りたい

こういった疑問にお答えします。

今回は現役エンジニアで数多くの現場を経験した私がテックアカデミーをお得に通う方法についてまとめてます。

本記事では以下の内容をまとめてます。

  • テックアカデミーで給付金を適用する方法
  • テックアカデミーの給付金対象コース

3分ほどで読み終わりますので是非最後までご覧ください。

  

↓ 無料相談に参加したい方はこちら

TechAcademy(テックアカデミー)
無料カウンセリングはこちら
※ 無料相談はいつ終わるかわかりません。
※興味ある方はお早めに申し込むことをおすすめします。

  

※当ブログは2021年7月の情報を元に記載しております。最新の情報は公式ページでご確認または無料相談でお問い合わせください。

  

スポンサーリンク

給付金・補助金について

給付金制度についてご説明します。

給付金制度は厚生労働省から受講料の70%が還付される制度になります。

テックアカデミーは15コースが認定されたため、この給付金制度を利用できます。

プログラミングスクールに通うのであればこの給付金制度を利用しないともったいないのでぜひ知っておいてください。

本記事を読めば給付金制度について理解できますのでぜひ最後までご覧ください。

 

給付金対象のプログラミングスクール

 

経産省の給付金制度とは

給付金制度とは「第四次産業革命スキル習得講座認定制度」(通称「Reスキル講座」)を指します。

Reスキル講座は、社会人が高度な専門性を身に付けてキャリアアップを図る、専門的・実践的な教育訓練講座を経済産業大臣が認定する制度です。

当然ですが、Reスキル講座に認定されるためには経産省の厳しい審査があるため、この講座に選ばれているテックアカデミーの15コースは信頼できると言えます。

 

このReスキル講座に認定された場合、厚生労働省の「専門実践教育訓練給付金」の対象となり、受講料の70%が国から給付されます。

  

給付金を取得対象者の条件

給付金を受給するためにはいくつか条件があります。そこまで厳しい条件ではないので基本的には誰でも受給可能だと思います。

在職者の場合(雇用保険の被保険者)

在職者の条件は「雇用保険の被保険者期間が3年以上ある方」になります。

つまり、3年以上の在職期間(就職経験)があれば対象になります。また、在職期間は合計で良いため、例えば転職している人であれば、複数の会社で合計3年の在職期間があれば問題ありません。

当制度を始めて利用する方は在職期間が2年あれば支給対象となります。

  

離職者の場合

離職者の条件は

  • 離職してから1年以内であること
  • 雇用保険の被保険者期間が3年以上ある方

になります。

在職者の場合と同様に当制度を始めて利用する方は在職期間が2年あれば支給対象となります。

 

給付金を取得するには?

給付金の受給するためには上記条件を満たす人が、ご自身で最寄りのハローワークに足を運ぶ必要があります。

また、給付金を取得するには

  • コース受講開始1ヶ月前までに申込み
  • 個人名義で申込、受講料の振込を行う

といったことが必要のため、まずはお近くのハローワークに相談してみてください。

  

経産省「第四次産業革命スキル習得講座」の認定制度についてはこちらの公式ページでご確認ください

  

↓ 無料相談に参加したい方はこちら

TechAcademy(テックアカデミー)
無料カウンセリングはこちら
※ 無料相談はいつ終わるかわかりません。
※興味ある方はお早めに申し込むことをおすすめします。

  

テックアカデミー(TechAcademy)の給付金対象コース

テックアカデミーでは給付金対象コースが15コースもありますのでそれぞれご紹介します。

 

料金一覧

各コースを紹介していきます。すべて税別価格ですのでご注意ください。

AIコース

  • 8週間 :199,000円 → 59,700円
  • 12週間:249,000円 → 74,700円
  • 16週間:299,000円 → 89,700円

データサイエンスコース

  • 8週間 :199,000円 → 59,700円
  • 12週間:249,000円 → 74,700円
  • 16週間:299,000円 → 89,700円

Python+AIセット

  • 8週間 :268,000円 → 80,400円
  • 12週間:308,000円 → 92,400円
  • 16週間:348,000円 → 104,400円
  • 24週間:438,000円 → 131,400円

Python+データサイエンスセット

  • 8週間 :268,000円 → 80,400円
  • 12週間:308,000円 → 92,400円
  • 16週間:348,000円 → 104,400円
  • 24週間:438,000円 → 131,400円

Python+AI+データサイエンスセット

  • 24週間:479,000円 → 143,700円

 

各コースはいずれも上記の右側の金額である70%OFFで受講することが可能です。

 

各コースの特徴

ではAIコース、データサイエンスコースについてそれぞれご紹介します。

AIコース

短期間でAI(人工知能)の構築に必要な機械学習・ディープラーニングを学べるプログラムです。

Pythonのライブラリを使い、機械学習の応用までを実践的に学ぶことができます。

具体的には以下のような人工知能に関するスキルを習得できます。

  • 回帰モデルの作成:野球選手の年俸を予測(教師あり学習)
  • Amazonレビューを評価分析:対象商品の評価を判定(自然言語処理)
  • 手書き数字の画像認識:手書き数字を画像認識する(深層学習)
  • オリジナルのAIの構築:公開されているデータセットを使って構築する

いずれも機械学習のライブラリを使って実装を行い、実務に近い形で学習し、社会でも通用するスキルが身につきます。

 

 

データサイエンスコース

短期間でPythonを使って様々なモデルを構築し、データ分析を行うプログラムです。

統計学の基礎やPythonで実際に分析する方法まで習得することができます。

具体的には以下のような統計学の基礎・データ分析の手法を習得できます。

  • 区間推定、仮説検定による母集団の検証:乱数データを用いて古典的統計解析手法を習得(t検定)
  • 住宅価格の予測:統計モデリングの基礎を習得
  • サッカーの勝敗予測:ポアソン回帰により一般化線形モデルの基礎を習得
  • オリジナルのデータ解析:公開されているデータセットを使ってデータ解析

いずれもPythonのライブラリを使って実装を行います。実務に近い形で学習することで、社会でも通用するスキルが身につきます

 

  

↓ 無料相談に参加したい方はこちら

TechAcademy(テックアカデミー)
無料カウンセリングはこちら
※ 無料相談はいつ終わるかわかりません。
※興味ある方はお早めに申し込むことをおすすめします。

  

テックアカデミーを70%OFFで通う方法のまとめ

今回はテックアカデミーを70%OFFで通う方法についてご紹介しましたがいかがでしたか。 

テックアカデミーの対象15コースは給付金対象のため非常にお得に通うことができます。

現在もテックアカデミーに通うか迷っている方

悩んでいても何も変わりません。生涯のスキルを手に入れて現状を変えましょう。

まずは無料カウンセリングに参加して話を聞いてみましょう。無料なので損することはありません。

プログラミングスクールは値上げが相次いでいるため、お早めに申し込むことをおすすめします。

 

↓ 無料相談に参加したい方はこちら

TechAcademy(テックアカデミー)
無料カウンセリングはこちら
※ 無料相談はいつ終わるかわかりません。
※興味ある方はお早めに申し込むことをおすすめします。

  

給付金対象のプログラミングスクール

 

タイトルとURLをコピーしました