Tech`s Report

【Twitter API】Pythonからツイートしてみる

フリーエンジニア向け案件を紹介【BTCエージェント】

PythonからTwitterAPIを使用してツイートする方法をご紹介します。
 

 

事前準備

tweepyのインストール

tweepyを使用するために、コマンドプロンプトから下記コードを入力しライブラリをインストールしてください。既に下記ライブラリをインストール済の方は不要です。
 

pip install tweepy

 

各種キー情報の取得

外部から自動ツイートなどを行うには最終的に以下の情報が必要になります。

  • API key(Consumer key)
  • API secret key(Consumer secret key)
  • Access token
  • Access token secret

未取得の方は以下を参考に取得してください。
https://yu-report.com/entry/TwitterDev

 

実行コード

こちらがサンプルプログラムになります。

import tweepy

# 各種APIキーを設定
api_key ="(取得したAPI key)"
api_secret_key ="(取得したAPI secret key)"
access_token="(取得した Access token)"
access_token_secret="(取得した Access token secret)"

# Twitterオブジェクトの生成
auth = tweepy.OAuthHandler(api_key , api_secret_key)
auth.set_access_token(access_token, access_token_secret)
api = tweepy.API(auth)

# メッセージの設定
tweet_content = "test"

# ツイートの実行
api.update_status(tweet_content)

 

実行エラー

以下のようなエラーが発生した場合はツイッターアカウントの権限変更が必要です。

Read-only application cannot POST

 

こちらに解消方法を記載してますのでご参照ください。
https://yu-report.com/entry/twitterWrite

 

以上です。