【WireMock】xml形式のレスポンス作成【コピペでOK】

フリーソフトウェア

WireMockでxml形式のレスポンスの応答させる方法をご紹介します。

まだWireMcokをインストールしてない方はこちらから
WireMockのダウンロード手順・起動方法【スタブ】 – Tech’s Report

スポンサーリンク

環境

  • Windows 10
  • スタンドアローン版のWireMock
  • WireMockはダウンロード済

フォルダ構成

まずWireMockの各フォルダの役割を説明します。

C:/WireMock
├─wiremock-jre8-standalone-2.26.3.jar
├─mappings
└─__files

「mappings」・・・このリクエストがきたらこのレスポンスを返却するといったルールを記述したファイルを配置する
「__files」・・・レスポンスの内容を記述したファイルを配置する

覚えるのはこれだけでOKです。

マッピングルールの記述

mappingsフォルダ直下に以下の設定ファイルを作成して保存します。

xmlsonSample.json

{
"request": {
"method": "GET",
"url": "/xml"
},
"response": {
"status": 200,
"bodyFileName": "XmlSample.xml",
"headers": {
"Content-Type": "application/xml"
}
}
}

<request>
method・・・getなのかpostなのかリクエスト形式を記述
url・・・リクエストパスの設定

<response>
status・・・返却するHTTPステータスを指定
bodyFileName・・・するレスポンスのファイル名を指定
headers・・・返却時にヘッダに付与するパラメータを設定

XMLレスポンスファイルの作成

__filesの直下に以下のレスポンスファイルを作成し保存します。

XmlSample.xml

<?xml version="1.0" encoding="UTF-8" ?>
<name>田中</name><sex>男性</sex>

上記はサンプルになりますので、Json形式であれば任意のレスポンスの内容で問題ありません。

リクエストしてみる

では設定ファイルを配置したらWireMockを起動しましょう。

Postmanからさきほど指定したルール通りにリクエストします。

f:id:TechnologyShare:20200628174618p:plain

レスポンスファイルに記述した内容が返却されてますね。

以上になります。

・Postmanは非常に便利なリクエストツールなので合わせてインストールしておきましょう。
https://yu-report.com/entry/postman

・WireMockのJSONファイルの作成方法はこちらから
https://yu-report.com/entry/wiremockjson

コメント

タイトルとURLをコピーしました